カテゴリー

最近のコメント

« 金融緩和ではなくてヘッジファンドだとしたら、ものすごくうまいヘッジファンドで、すべて安いところで買って、高いところで売り抜けているということを繰り返してきていると | トップページ | アップルと言えば、金融危機の最中に最も安全な株として一時は債券ファンドや資源ファンドもアップル株を保有するなど資金が1銘柄に集中していました »

景気がもっともっと良くなって来ないとインフレ期待というのは出てこない。日銀の尻を叩けば上手く行くというものではないと思います

2013年1月30日(水)ワールドビジネスサテライト
 
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査本部長 五十嵐敬喜さん
 
結論から言えば、上手く行かないと思うんですよね。期待に働きかける政策と言われていますよね。大胆な金融緩和をすれば、インフレ期待が生まれてきて、上手く行くというんですけれども、金融緩和をすれば、インフレになる、円安になるというのは理屈があるんです。お金の価値が下がれば、物価が上がるわけです。価値を下げるにはお金の供給を増やせばいいんじゃないか。そのお金は円ですから、円の価値が下がる。円安だということで、円安にもインフレにも理屈はあるわけですよね。為替は見事に決まった。これは為替市場というのは本当に期待が支配する市場。だから、こういう理窟で円安になるとみんなが思ったから実際に円安になったわけですよね。ところが、物価の方はマーケットでインフレ期待は生まれるかもしれない。でも、世の中でインフレ期待というのは、賃金が上がらないよということになったら、それは消費も増えないし、物価も上がらないというのが普通の人たちの思いだと思いますから、景気がもっともっと良くなって来ないとインフレ期待というのは出てこない。日銀の尻を叩けば上手く行くというものではないと思います。

« 金融緩和ではなくてヘッジファンドだとしたら、ものすごくうまいヘッジファンドで、すべて安いところで買って、高いところで売り抜けているということを繰り返してきていると | トップページ | アップルと言えば、金融危機の最中に最も安全な株として一時は債券ファンドや資源ファンドもアップル株を保有するなど資金が1銘柄に集中していました »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金融緩和ではなくてヘッジファンドだとしたら、ものすごくうまいヘッジファンドで、すべて安いところで買って、高いところで売り抜けているということを繰り返してきていると | トップページ | アップルと言えば、金融危機の最中に最も安全な株として一時は債券ファンドや資源ファンドもアップル株を保有するなど資金が1銘柄に集中していました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ