カテゴリー

最近のコメント

« デルの案件を契機に、海外に巨額の現金を抱えている他のハイテク企業もこれに追随することになるのか注目したいと思います | トップページ | FRBのバランスシートの規模と株価は連動性が強く、今後の株価を予想するうえでもFRBが量的緩和時期をどのように考えているかを探る動きが続きそうです »

例えば、韓国に比べて産業用電力料金は3倍ぐらいしています。為替レートの差とかいろいろあるので、どのくらい差があるとは厳密には言えません

2013年2月20日(水)ワールドビジネスサテライト
 
日本総研 理事長 高橋進さん
 
今回、四国の場合は伊方原発が止まっているからなんですが、実は7月から原発を動かすという前提で動いているんですよ。でも、難しいですよね。そうすると、ますます料金を上げなければいけないということになります。したがって、シェールガスの輸入も含めて、どうやって抜本的に日本の電力料金を下げなくてはいけないかということを真剣に考えるべき時だと思いますね。シェールガスを輸入すれば、たぶん3-4割はLNGより値段が下がります。あるいは、場合によってはロシアから買ってくるとか、いろいろなことを考えなくてはいけない。そもそも日本の電力料金は実は相当もともと高かったんですよ。例えば、韓国に比べて産業用電力料金は3倍ぐらいしています。為替レートの差とかいろいろあるので、どのくらい差があるとは厳密には言えません。しかし、日本の電力はものすごく高いのは間違いないので、電力市場の改革に抜本的に踏み込んで、どうやったら下げられるかということをもっと真剣に考えていくべきだと思います。まず値上げのこともそうですが、しかし、一方で、どうやったら下げられるかということを真剣に考えていくべき時期に来ていると思います。

« デルの案件を契機に、海外に巨額の現金を抱えている他のハイテク企業もこれに追随することになるのか注目したいと思います | トップページ | FRBのバランスシートの規模と株価は連動性が強く、今後の株価を予想するうえでもFRBが量的緩和時期をどのように考えているかを探る動きが続きそうです »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デルの案件を契機に、海外に巨額の現金を抱えている他のハイテク企業もこれに追随することになるのか注目したいと思います | トップページ | FRBのバランスシートの規模と株価は連動性が強く、今後の株価を予想するうえでもFRBが量的緩和時期をどのように考えているかを探る動きが続きそうです »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ