カテゴリー

最近のコメント

« 最低賃金の引き上げが実現すれば、こうした流れに一段と弾みがつき、セルフレジ市場でシェア6割を占めるNCRのような機械メーカーの業績の追い風となりそうです | トップページ | バリュー株投資家にとってはかなり割安ですので、いずれ強固な財務体質が見直されると思います »

サービス業というのは日本のGDPの3/4ぐらいありますから、もっと稼働、稼働というのを考えたら面白いんではないかなと思いますね

2013年2月27日(水)ワールドビジネスサテライト
 
ボストンコンサルティングG 日本代表 御立尚資さん
 
大手の製造業では設備投資をして、工場を休みなく365日24時間走らせる、これを普通にやっているんですね。サービス業だとなかなかお客様の来る時間だとか、働いている人のタイムシフトということを考えると難しかったんですが、逆に言うと、余地がいっぱいあるんですよね。例えば、格安航空会社、LCCというのは大手の航空会社より2倍ぐらいの稼働で飛行機を飛ばしているので、値段が安い。介護のビジネスで、これは岡山にある会社なんですけれども、ケアサービスをする方、15分単位で時間を決めていくんですね。これはコンビニだとか、スーパーのパート、アルバイトのマネジメントをしていた人を雇ってきてやると。その代わり、おじいちゃん、おばあちゃんには、お気に入りの人にやってほしければ、ご希望の9時ではなくて、10時15分にお願いします、ということで、満足してもらいながら稼働を上げていくと、そういうビジネスなのに、営業利益率が2割近いんです。ですから、生産性を上げて、サービス業がもっと儲かるようになると、実はそこで働いている方の給料も上がるので、サービス業というのは日本のGDPの3/4ぐらいありますから、もっと稼働、稼働というのを考えたら面白いんではないかなと思いますね。

« 最低賃金の引き上げが実現すれば、こうした流れに一段と弾みがつき、セルフレジ市場でシェア6割を占めるNCRのような機械メーカーの業績の追い風となりそうです | トップページ | バリュー株投資家にとってはかなり割安ですので、いずれ強固な財務体質が見直されると思います »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最低賃金の引き上げが実現すれば、こうした流れに一段と弾みがつき、セルフレジ市場でシェア6割を占めるNCRのような機械メーカーの業績の追い風となりそうです | トップページ | バリュー株投資家にとってはかなり割安ですので、いずれ強固な財務体質が見直されると思います »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ