カテゴリー

最近のコメント

« サービス業というのは日本のGDPの3/4ぐらいありますから、もっと稼働、稼働というのを考えたら面白いんではないかなと思いますね | トップページ | 日本は軍需産業があるわけではないので、科学技術からいろいろなところの技術につなげるというのが大事なので、上手くお金が回る仕組みができるといいなと思いますけどね »

バリュー株投資家にとってはかなり割安ですので、いずれ強固な財務体質が見直されると思います

2013年2月28日(木)Newsモーニングサテライト
 
ホリコ・キャピタルマネジメント 堀古英司さん
 
今日は株主総会ということで、投票が主な目的ですので、新しいニュースが出る可能性は低いんですけれども、基本的には経営陣としては現金を持っていたい。株主としては現金を少しでも株主還元に回してほしいということなんですが、経営陣の願いと裏腹に、現金を持ち過ぎですので、何らかの株主還元策は近々発表されるんではないかと思います。アップルは今、余剰現金1370億ドル持っていますので、これを株に換算しますと、株価は450ドルぐらいですが、約1/3に当たる145ドルが余剰現金なんですよね。株価収益率も10倍を割っていまして、もしこの145ドルすべて特別配当として出すとすると株価収益率は7倍を割れることになります。アップルの株価は成長株の投資家からバリュー株への投資家にバトンタッチする過程で、だから低迷しているんだと思いますけれども、バリュー株投資家にとってはかなり割安ですので、いずれ強固な財務体質が見直されると思います。
 
金相場はいずれ上昇するとみています。第一の理由ですけれども、バーナンキ議長の議会証言をご覧になってもわかるように、まだまだ量的緩和は続きそうだと。金融危機以降、FRBの総資産と金価格の推移は、数100ドルかい離することはあっても、強い相関関係があります。QE3というのはQE2よりも金額が大きいですし、もしこのまま今年末まで続くと、FRBの総資産は4兆ドル近くに近づきます。これまでの相関関係が続くとすれば、金価格も今年後半には2000ドルを超えることになります。
先々週、シカゴマーカンタイル取引所が証拠金を引き下げたんですよね。2011年秋に金は高値を付けましたが、この時、上昇が終わったのは証拠金の急速な引き上げが一つの要因だったんですよね。今回やっと急速な引き上げ前の水準に証拠金が戻ってきています。量的緩和の中で、金価格が上がる相場というのは証拠金が少ないほど金がたくさん買えるということですので、明らかなサポート材料と言えると思います。

« サービス業というのは日本のGDPの3/4ぐらいありますから、もっと稼働、稼働というのを考えたら面白いんではないかなと思いますね | トップページ | 日本は軍需産業があるわけではないので、科学技術からいろいろなところの技術につなげるというのが大事なので、上手くお金が回る仕組みができるといいなと思いますけどね »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サービス業というのは日本のGDPの3/4ぐらいありますから、もっと稼働、稼働というのを考えたら面白いんではないかなと思いますね | トップページ | 日本は軍需産業があるわけではないので、科学技術からいろいろなところの技術につなげるというのが大事なので、上手くお金が回る仕組みができるといいなと思いますけどね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ