カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« ネット証券5社を合わせると14758枚、ニューエッジに匹敵するような枚数になっているんですね。つまり、CTAで注文量最強のニューエッジに個人投資家が集まれば匹敵できる状態になってしまっていると | トップページ | いずれのETFにしましても、米国個人投資家の資金が日本株市場に振り向けられることになり、日本株高の好循環が続く可能性があります »

消費税を引き上げるところまで景気を持っていくということが当面のマクロ政策の非常に重要なポイントだと思いますけれども

2013年2月7日(木)ワールドビジネスサテライト
 
東京大学大学院 教授 伊藤元重さん
 
この段階でこれだけ早く回復すると予想した人はあまりなかったですよね。確かにこの1月ぐらいの間に生産とかいろいろなものが出てきて、随分期待がアップしたと思うんですけれども、半年ぐらい前だったら、このまま行ったら景気の落ち込みが大変なことになって、消費税の引き上げにも影響があるんではないかということで、多くの人が問題視していたんですが、思ったよりは良かったということで、これは世界全体がいろいろな意味でマイナスからプラスの方向に向かっているというのが大きいと思うんですよね。ですから、この動きをこれから先、政策の効果が出てくるのはこれからですから、上手く後押しに使ってあげることに使って、消費税を引き上げるところまで景気を持っていくということが当面のマクロ政策の非常に重要なポイントだと思いますけれども。

« ネット証券5社を合わせると14758枚、ニューエッジに匹敵するような枚数になっているんですね。つまり、CTAで注文量最強のニューエッジに個人投資家が集まれば匹敵できる状態になってしまっていると | トップページ | いずれのETFにしましても、米国個人投資家の資金が日本株市場に振り向けられることになり、日本株高の好循環が続く可能性があります »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/56723204

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税を引き上げるところまで景気を持っていくということが当面のマクロ政策の非常に重要なポイントだと思いますけれども:

« ネット証券5社を合わせると14758枚、ニューエッジに匹敵するような枚数になっているんですね。つまり、CTAで注文量最強のニューエッジに個人投資家が集まれば匹敵できる状態になってしまっていると | トップページ | いずれのETFにしましても、米国個人投資家の資金が日本株市場に振り向けられることになり、日本株高の好循環が続く可能性があります »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ