カテゴリー

最近のコメント

« 景気をきちっと上向きにしていくためには財政の果たす役割というのはそれなりに大きな意味があると思いますね | トップページ | さらに国際性を増したニューカッスルの新時代、フレンチコネクションだけでなく他の国の選手も活躍しています »

大型株の代表であるダウ指数、S&P500指数は予想PERや配当利回りでみても、魅力的な水準となっています

2013年2月4日(月)Newsモーニングサテライト
 
マキシム・グループ 久野誠太郎さん
 
ダウは2007年10月9日に付けた1万4164ドルを超えていくと予想しています。と言いますのも、すでに小型株のラッセル2000指数や中型株のS&P400指数は最高値を更新しておりまして、これらと比較して、大型株の代表であるダウ指数、S&P500指数は予想PERや配当利回りでみても、魅力的な水準となっています。世界的な金融緩和政策ですとか、米国での住宅市場の回復、シェール石油ガスによるエネルギーブーム、そして低エネルギーコストの恩恵から製造業の回復といった強気材料が揃っています。大型株のダウ指数やS&P500指数は高値更新に向かうと考えています。
 
ネットフリックスは10-12月期の米国内のオンライン契約者数が前期比で予想以上の205万人純増と2720万人になりました。そのことを好感して株価上昇しています。タブレットやスマートフォンを持つ人が増えて需要増が見込まれるオンライン配信市場は昨年12月には通信大手のベライゾンも参入するなど競争が高まっています。
提供するコンテンツが重要で、ネットフリックスはオリジナル作品の提供など年間25億ドルの費用をかけていますし、アマゾンでは人気ドラマの米国内独占契約を結びまして、6月に配信を開始するとしています。また、アップルもアップルTVで配信するコンテンツ獲得に向けて動いているとされています。そこで注目されるのは有力コンテンツを持ち、提供する側の大手のメディア企業です。コンテンツ販売収入を着々と伸ばし、今年についてもタイムワーナーなどケーブルテレビ局は2ケタの伸びを、3大ネットワークの一つCBSも強い伸びが期待できるとコメントしています。このほかディズニーなど大手メディア企業はコンテンツ販売という新たな収益源の成長が期待され、株価も堅調な推移が見込まれています。

« 景気をきちっと上向きにしていくためには財政の果たす役割というのはそれなりに大きな意味があると思いますね | トップページ | さらに国際性を増したニューカッスルの新時代、フレンチコネクションだけでなく他の国の選手も活躍しています »

Mプラス Express_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 景気をきちっと上向きにしていくためには財政の果たす役割というのはそれなりに大きな意味があると思いますね | トップページ | さらに国際性を増したニューカッスルの新時代、フレンチコネクションだけでなく他の国の選手も活躍しています »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ