カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 株価は史上最高値の水準とはいえ、中期的な上昇局面の一通過点と考えています | トップページ | 今年から富裕層に向けた増税が始まったことや3月から歳出の強制削減が発効したことで、今後さらにGDPには下方圧力が働きます »

普及させながらバブルを作らないようにして、下げていくというところが非常にこれから難しいところではないかなと思いますね

2013年3月28日(木)ワールドビジネスサテライト

日本総研 理事長 高橋進さん

太陽光発電事業をするためには二つの段階があって、一つは国から認定をもらわないといけない。これはもらえる。ところが、もうひとつは電力会社とつなげなくてはいけない。ここで今いろいろと問題が起きているようですね。接続のための送電線を結ぶとかという時に工事をしなければいけない。その工期とか見積もりが非常に不透明だとか、やってもらえないとか、たいていは間に電力会社の関係会社が入っているらしいんですけれども、そうではない第三者にやってもらいたいとか、いろいろな問題があるようなんですね。この問題を究極的に解決しようとすると、発送電分離をして、送電は送電だけの会社を作っていくとこういう問題は解決すると思いますね。もうひとつは買い取り価格。まだ高いかもしれないですね。ドイツは53円で始まったんですけれども、今18円まで下がっているんですね。どんどん安くなっているので、これからも下げていくのがいいのだと思うんですけど、下げ方のバランスが難しい。普及させながらバブルを作らないようにして、下げていくというところが非常にこれから難しいところではないかなと思いますね。

« 株価は史上最高値の水準とはいえ、中期的な上昇局面の一通過点と考えています | トップページ | 今年から富裕層に向けた増税が始まったことや3月から歳出の強制削減が発効したことで、今後さらにGDPには下方圧力が働きます »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/57061877

この記事へのトラックバック一覧です: 普及させながらバブルを作らないようにして、下げていくというところが非常にこれから難しいところではないかなと思いますね:

« 株価は史上最高値の水準とはいえ、中期的な上昇局面の一通過点と考えています | トップページ | 今年から富裕層に向けた増税が始まったことや3月から歳出の強制削減が発効したことで、今後さらにGDPには下方圧力が働きます »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ