カテゴリー

最近のコメント

« 今日は中団やや後ろに控えた11番マイネイサベル、早めに動き始めて、直線坂下では堂々先頭集団の一角に加わっていました11番マイネイサベル | トップページ | DRAMの供給不足は年後半まで続くとの指摘もあり、部品コストの増加がパソコンメーカーに与える影響が懸念されています »

我々日本人は下を向いてしまっているので、そこから見ると急に上がっているようなんですが、グローバルから見ると差があるということだと思うんですね

2013年3月11日(月)ワールドビジネスサテライト

みずほ総合研究所 チーフエコノミスト 高田創さん

日本だけを見ていると急にバブルになったんではないかという感じなんですけれども、グローバルで見ると、必ずしもそうではないんではないかなという気がするんですよね。バブル崩壊後の90年代でもTOPIX、S&P500、DAXはほとんど同じ動きをしていたんですね。これが2009年9月からアメリカ、ヨーロッパは上がりだしたんですけれども、日本は下向きの方向になってしまったという。政権交代によって、経済政策自体に海外投資家が失望した部分が大きかったと思うんですね。実は円高の期間でもあるんですね。この部分が海外投資家から見た3年間のアンダーウェイトの部分になると思うんですよね。今、海外投資家はこれを埋めているということだろうと思うんですよね。実はアメリカなりヨーロッパは過去のピークを越え出しているということだと思うので、日本がこれに戻ったら、1万8000円になるということですね。我々日本人は下を向いてしまっているので、そこから見ると急に上がっているようなんですが、グローバルから見ると差があるということだと思うんですね。失われた3年をようやく取り戻してきたという状況だと思うんですね。

« 今日は中団やや後ろに控えた11番マイネイサベル、早めに動き始めて、直線坂下では堂々先頭集団の一角に加わっていました11番マイネイサベル | トップページ | DRAMの供給不足は年後半まで続くとの指摘もあり、部品コストの増加がパソコンメーカーに与える影響が懸念されています »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は中団やや後ろに控えた11番マイネイサベル、早めに動き始めて、直線坂下では堂々先頭集団の一角に加わっていました11番マイネイサベル | トップページ | DRAMの供給不足は年後半まで続くとの指摘もあり、部品コストの増加がパソコンメーカーに与える影響が懸念されています »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ