カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 4月4日に発表される金融政策があまり期待にこたえられないようなものであるとすると、そのあたりから調整が入ってもおかしくないかなと思いますけどね | トップページ | 株式というのは、金融資産の中でも最もリスクの高い資産ですので、リスクを取ったものが報われるという資本主義の原則に照らせば、自然な姿だと言えると思います »

技術がある国が資源国になり得るというか、それを持って、外交上の資源調達のカードにするとか、そういう形でどんどん使っていく時代に入っていくんだと思うんですよね

2013年3月12日(火)ワールドビジネスサテライト

みずほ総合研究所 チーフエコノミスト 高田創さん

これまでの資源というのは、その国にあるかどうかということだったと思うんですけれども、今の状況は開発技術を持つ国が資源国になるという部分があると思うんですよね。結局、シェールガスも技術があったので、資源化できたということだと思うんですよね。しかもそれが安くなったということですよね。これからの問題というのは、技術がある国が資源国になり得るというか、それを持って、外交上の資源調達のカードにするとか、そういう形でどんどん使っていく時代に入っていくんだと思うんですよね。ですから、今言われている競争戦略だとか、成長戦略の中に、こういったものを組み込んでいくということ。エネルギー保障はたいへん重要な問題だと思いますので、まさにこういったものをアベノミ
クスの一つの柱に今後もやっていくということになるんじゃないかなと思いますね。また、これが日本の金融力であったりだとか、経常収支の問題であったりだとか、いろいろな力になると思いますね。

« 4月4日に発表される金融政策があまり期待にこたえられないようなものであるとすると、そのあたりから調整が入ってもおかしくないかなと思いますけどね | トップページ | 株式というのは、金融資産の中でも最もリスクの高い資産ですので、リスクを取ったものが報われるという資本主義の原則に照らせば、自然な姿だと言えると思います »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 4月4日に発表される金融政策があまり期待にこたえられないようなものであるとすると、そのあたりから調整が入ってもおかしくないかなと思いますけどね | トップページ | 株式というのは、金融資産の中でも最もリスクの高い資産ですので、リスクを取ったものが報われるという資本主義の原則に照らせば、自然な姿だと言えると思います »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ