カテゴリー

最近のコメント

« 2歳王者の背中をピンチヒッターという形で任されて、見事に答えを出して見せました5番ロゴタイプ、クリスチャン・デムーロです。さあこの馬が今年のクラッシックを堂々引っ張る形にこれでなったか | トップページ | 先日、株主総会前に分割期待から株価が急騰したアップルなどが一例ですが、アップルの場合、分割すればすぐにもダウ平均に採用されるとの期待もあるようです »

TTPの本質というのが東アジアの秩序を作る時に中国という人権だとか自由などの面で異質な国が中心になって作るのか、それともアメリカという日本と価値観を共有している国と一緒に作るのか

2013年3月18日(月)ワールドビジネスサテライト

大和総研 チーフエコノミスト 熊谷亮丸さん

TTPの本質というのが東アジアの秩序を作る時に中国という人権だとか自由などの面で異質な国が中心になって作るのか、それともアメリカという日本と価値観を共有している国と一緒に作るのかと、これが本質だと思うんですね。ある種の中国に対する安全保障的な意味合いが存在すると。経済効果ですが、政府は3.2兆円ぐらい、GDPで0.7%弱と言っていますが、これは関税をなくしたときの効果だけを計算したものなんですね。それ以外のところまでを含めると、諸外国では10兆円ぐらい、GDPの2%分ぐらいという試算が出ていますし、私は切磋琢磨をして、イノベーションが起きて、国内で労働生産性が0.5%上がる。これが10年間累積すると、累積では100兆円ぐらいの効果になるんですね。ですから、GDPの0.7%というような話ではなくて、数10兆から100兆単位の話であると思っています。

« 2歳王者の背中をピンチヒッターという形で任されて、見事に答えを出して見せました5番ロゴタイプ、クリスチャン・デムーロです。さあこの馬が今年のクラッシックを堂々引っ張る形にこれでなったか | トップページ | 先日、株主総会前に分割期待から株価が急騰したアップルなどが一例ですが、アップルの場合、分割すればすぐにもダウ平均に採用されるとの期待もあるようです »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2歳王者の背中をピンチヒッターという形で任されて、見事に答えを出して見せました5番ロゴタイプ、クリスチャン・デムーロです。さあこの馬が今年のクラッシックを堂々引っ張る形にこれでなったか | トップページ | 先日、株主総会前に分割期待から株価が急騰したアップルなどが一例ですが、アップルの場合、分割すればすぐにもダウ平均に採用されるとの期待もあるようです »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ