カテゴリー

最近のコメント

« 財政の不透明感から企業が投資に慎重だという会社の発言もあり、一部の投資家は企業のIT投資を慎重にみているようです | トップページ | 今年はFRBがまだ量的緩和の継続を主張していることや住宅市場の回復、そして何より株が上がっていますので、必ずしも例年のパターンにならないとみています »

そういうことを通じて予算の使い方を変えていこうという試みが今始まっているんですね

2013年3月26日(火)ワールドビジネスサテライト

日本総研 理事長 高橋進さん

執行状況は極めて速いと思いますが、そのこともさることながら、執行状況をチェックする、いろいろな事業についてできるだけ数値化して定量的に効果を図っていく、そういうことを通じて予算の使い方を変えていこうという試みが今始まっているんですね。これをこれからどんどんやっていかないといけないと思いますね。

« 財政の不透明感から企業が投資に慎重だという会社の発言もあり、一部の投資家は企業のIT投資を慎重にみているようです | トップページ | 今年はFRBがまだ量的緩和の継続を主張していることや住宅市場の回復、そして何より株が上がっていますので、必ずしも例年のパターンにならないとみています »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 財政の不透明感から企業が投資に慎重だという会社の発言もあり、一部の投資家は企業のIT投資を慎重にみているようです | トップページ | 今年はFRBがまだ量的緩和の継続を主張していることや住宅市場の回復、そして何より株が上がっていますので、必ずしも例年のパターンにならないとみています »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ