カテゴリー

最近のコメント

« 需給ギャップの存在とか、結果として賃金が下がってきたということがデフレの最大の理由なので、マネーではないと思うんですね | トップページ | 2二金と森内名人らしく、受けの手が決め手になるという森内名人らしい手ですね »

従来のスマホの機能、写真やその他アプリを使用するのに少し面倒になったり、アンドロイドだけで採用されることから大ヒットとまではいかないのではないかと考えています

2013年4月11日(木)Newsモーニングサテライト 
 
マキシム・グループ 久野誠太郎さん

FOMCが開催されました3月20日以降に、雇用などの経済指標が予想を下回ったことから資産購入縮小停止の時期が先送りされるとの見方が優勢です。過去に例のない金融緩和策が継続されることで、市場参加者はその大きな波に再び乗っていこうかの勢いです。ここ最近は冴えない動きでしたが、景気動向に敏感なセクターである半導体関連をはじめとしたハイテクや自動車関連が今日の上げを主導していますので、ここ堅調であった食品、生活必需品や公益事業といったディフェンシブとされるセクターから主役が交代する好転が見られそうです。ですので、もう一段の相場上昇が見込めそうです。

今回の主なネット企業は決算発表で軒並み増収増益が予想されています。グーグルとフェイスブックはモバイル機器を経由した利用が主流を占めている中で、そのモバイル広告の比率は2社ともに売上高の25%弱にとどまっています。そのモバイル広告を各社がどのように伸ばせたか、また今後の戦略が注目されます。アメリカのモバイル広告のシェアを見てみますと、グーグルが2012年に53%を占める最大手で、2013年には55%に拡大。フェイスブックも2013年には13%に拡大することが見込まれています。
フェイスブックフォームと呼ばれますアプリはスマホでフェイスブックがより簡単に利用できるもので、12日からダウンロードが開始されます。利用者増加でモバイル広告シェアの拡大につながるとの見方もありますが、このアプリをダウンロードすることで、従来のスマホの機能、写真やその他アプリを使用するのに少し面倒になったり、アンドロイドだけで採用されることから大ヒットとまではいかないのではないかと考えています。

« 需給ギャップの存在とか、結果として賃金が下がってきたということがデフレの最大の理由なので、マネーではないと思うんですね | トップページ | 2二金と森内名人らしく、受けの手が決め手になるという森内名人らしい手ですね »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 需給ギャップの存在とか、結果として賃金が下がってきたということがデフレの最大の理由なので、マネーではないと思うんですね | トップページ | 2二金と森内名人らしく、受けの手が決め手になるという森内名人らしい手ですね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ