カテゴリー

最近のコメント

« チームに何より勢いを付けたのはほとんど信じられないようなマシュー・ロートンのシュート。相手に大きなダメージを与え、自分たちは降格ゾーンから脱出するゴールでした | トップページ | 貸し出しが伸びるというところまではそもそもアメリカではこうだったので、日本でも時間がかかると。それまで粘り強くやるべきだということが教訓として学べると思います »

輸出が本当に数量ベースで伸びるかどうかということについてはちょっと最近の動きをみているとやや疑問なしとはしないなと思うんですよね

2013年4月9日(火)ワールドビジネスサテライト
 
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査本部長 五十嵐敬喜さん

短期的には日本も今や貿易赤字国ですから、円安になるとむしろ赤字も増えてしまうというマイナス面がありますよね。その一方で、もうちょっと長い目でみると、日本製品が割安になるから輸出が伸びる。そして、海外の製品は割高になるから輸入が減るということで、数量ベースで改善していくということで、結局プラスになるという話になるんですけれども、輸出が本当に数量ベースで伸びるかどうかということについてはちょっと最近の動きをみているとやや疑問なしとはしないなと思うんですよね。
79円ぐらいから20円ぐらい円安になったわけですよね。これ、極論すれば、すべて思惑ですよね。大規模な金融緩和ということを材料に来ていますけれども、金融緩和は今週始まったばかりですよね。そういう意味では中身がない、思惑だけで相場は動くものだと。ということは、思惑だけで逆に動くということもありますから、先は本当にわからないと覚悟しておいた方がいいですよね。

« チームに何より勢いを付けたのはほとんど信じられないようなマシュー・ロートンのシュート。相手に大きなダメージを与え、自分たちは降格ゾーンから脱出するゴールでした | トップページ | 貸し出しが伸びるというところまではそもそもアメリカではこうだったので、日本でも時間がかかると。それまで粘り強くやるべきだということが教訓として学べると思います »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チームに何より勢いを付けたのはほとんど信じられないようなマシュー・ロートンのシュート。相手に大きなダメージを与え、自分たちは降格ゾーンから脱出するゴールでした | トップページ | 貸し出しが伸びるというところまではそもそもアメリカではこうだったので、日本でも時間がかかると。それまで粘り強くやるべきだということが教訓として学べると思います »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ