カテゴリー

最近のコメント

« 調査会社のIHSはウェアブル端末の出荷台数が2011年の1400万台から2016年には1.71億台に増加し、その市場規模は最低40億ドルに達することを予想 | トップページ | ディズニーはフロリダのディズニーワールドでマジックバンドと呼ばれる新サービスの導入を予定しています »

民営化して、民間の活力をそこに入れると、経営が上手くやれば、借金が減るかもしれない

2013年6月6日(木)ワールドビジネスサテライト

日本総研 理事長 高橋進さん

確かに有料道路を無料にしてしまえば、利用者のコストが下がりますから、経済活動が活発化するように見えますよね。問題はなぜ今、有料なのかということなんですね。それは道路を作る時に借金をして作っているんです。利用者から料金を取って、借金を返しているんです。したがって、もしそれを無料にしてしまうと、借金が返さなくなる。借金が返せなくなったら、税金をつぎ込まなければいけなくなってしまうので、結局国民負担になりますから、同じなんですよ。民営化したら、それが変わるかというと、民営化しただけでは借金が減りませんから、民営化しても変わりません。ところが、民営化して、民間の活力をそこに入れると、経営が上手くやれば、借金が減るかもしれない。今回話題になっているのは首都高速ですけれども、老朽化していて、老朽化対策として1兆円ぐらいのお金がいると言っているんですよ。このままだと、料金を上げるか、税金をつぎ込まなければいけないんですが、経営にもっと民間の力を入れて、いろいろな経営を上手くやる。容積率を上げたりして、売ったりすれば、収入が増える。そうすると、経営の中からお金をねん出して、老朽化対策ができるようになって、国民負担が増えなくて済むんですよ。

« 調査会社のIHSはウェアブル端末の出荷台数が2011年の1400万台から2016年には1.71億台に増加し、その市場規模は最低40億ドルに達することを予想 | トップページ | ディズニーはフロリダのディズニーワールドでマジックバンドと呼ばれる新サービスの導入を予定しています »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 調査会社のIHSはウェアブル端末の出荷台数が2011年の1400万台から2016年には1.71億台に増加し、その市場規模は最低40億ドルに達することを予想 | トップページ | ディズニーはフロリダのディズニーワールドでマジックバンドと呼ばれる新サービスの導入を予定しています »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ