カテゴリー

最近のコメント

« アベノミクスでアベノリスクになってしまっていて、あとでアベノバブルと言われないように、アベノミクスの第3の矢の、一旦ちょっと折れたんですが、それを修復して来ること期待したいと思うんですね | トップページ | マルセリーナです。トップハンデ56キロ、しかし、桜花賞馬には関係なし。これが実力 »

中国が今すぐにTTPに入れる条件を満たせるというふうにはならないと思うので、中国は本当に参加するつもりなのかどうか、ちょっと怪しいと思いますけどね

2013年6月7日(金)ワールドビジネスサテライト

日本総研 理事長 高橋進さん

間違いなくプラスだと思いますね。アジア太平洋地域では、中国を入れないTTPとアメリカを入れないRSEPと二つに分裂してしまっているので、もし中国が入れば、一つの大きな自由貿易協定になるので、中国で知的財産権が改善される。そうすると日本にとって非常にプラスですよね。ただ、問題はTTPに中国が入れるかと。日本でさえTTPに入るのにハードルが高いですよね。中国という国は国家資本主義ですから、国有企業をどうするかとか、知的財産権をどうするかとか、為替や金融市場を自由化をどうするかとか、物凄いたくさん高いハードルがあるので、中国が今すぐにTTPに入れる条件を満たせるというふうにはならないと思うので、中国は本当に参加するつもりなのかどうか、ちょっと怪しいと思いますけどね。ただ、米中会談がありますよね。そういうところで意外と大きく可能性はあると思いますよね。 

« アベノミクスでアベノリスクになってしまっていて、あとでアベノバブルと言われないように、アベノミクスの第3の矢の、一旦ちょっと折れたんですが、それを修復して来ること期待したいと思うんですね | トップページ | マルセリーナです。トップハンデ56キロ、しかし、桜花賞馬には関係なし。これが実力 »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アベノミクスでアベノリスクになってしまっていて、あとでアベノバブルと言われないように、アベノミクスの第3の矢の、一旦ちょっと折れたんですが、それを修復して来ること期待したいと思うんですね | トップページ | マルセリーナです。トップハンデ56キロ、しかし、桜花賞馬には関係なし。これが実力 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ