カテゴリー

最近のコメント

« アメリカでは原油を自由に輸出することはできませんが、ガソリンならそれができます | トップページ | 同じ1年間でアジア人、中南米系、黒人の人口はそれぞれ大幅に増加しているので、白人のアメリカ人が減っても、人口の減少につながることはありません »

これは賛否両論いろいろっとありますけれども、4兆円の赤字を出しているエネルギーコストを抑えるために原子力発電所の再稼働をきっちりやっていく

2013年7月9日(火)ワールドビジネスサテライト

クレディ・スイス証券 チーフ・マーケット・ストラテジスト 市川眞一さん

6月の東京都区部の物価上昇率をみると、生鮮食料品を除いたベースで物価上昇率は前年比0.2%上がっているんですけれども、その内寄与度でみると、実は電気料金が0.5%上がっていて、ガス代が0.1%上がっていて、それを差し引くと実は0.4%マイナスなんですね。ですから、確かに生活という点に関して言えば、じわじわとこれが効いていくことは間違いないと思います。ただ、トータルでみた時に、ここまでの円安というのは日本企業の業績を大幅に伸ばす方向に寄与していますから、全体から見れば、まだプラスに効いていると思うんですね。ただ、今後悪い円安が起こってしまうリスクというのをいかに抑止していくかというのが非常に重要で、そのためにはたぶん二つあって、一つは財政規律をしっかりとして、財政赤字を減らしていく方向へ努力するということ。もうひとつは、これは賛否両論いろいろっとありますけれども、4兆円の赤字を出しているエネルギーコストを抑えるために原子力発電所の再稼働をきっちりやっていく。この二つではないでしょうかね。
コントロールできないような形で、日本に信頼感がなくなっていくような金利上昇と円安が一緒に起こっているケースというのは非常に怖いですね。

« アメリカでは原油を自由に輸出することはできませんが、ガソリンならそれができます | トップページ | 同じ1年間でアジア人、中南米系、黒人の人口はそれぞれ大幅に増加しているので、白人のアメリカ人が減っても、人口の減少につながることはありません »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカでは原油を自由に輸出することはできませんが、ガソリンならそれができます | トップページ | 同じ1年間でアジア人、中南米系、黒人の人口はそれぞれ大幅に増加しているので、白人のアメリカ人が減っても、人口の減少につながることはありません »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ