カテゴリー

最近のコメント

« 歴史的にみて、長期金利が上がった後、株式相場が上昇するというパターンが見れます | トップページ | 過去の歴史からして、9月は株式市場が下落する可能性が高いですから、緩和縮小を始めるには最適なタイミングとはならないと思います »

日本銀行の調査によるものなんですけれども、今年になってから家計に地価に対する予想が急に上がっているんですよね

2013年7月16日(火)ワールドビジネスサテライト

みずほ総合研究所 チーフエコノミスト 高田創さん

マンションの売れ行きというのが消費税の駆け込み、それから金利が上がるんではないかというのがあるんですけれども、もうひとつは不動産価格が上がるんではないかという期待、場合によっては不安も大きいと思うんですよね。日本銀行の調査によるものなんですけれども、今年になってから家計に地価に対する予想が急に上がっているんですよね。それだけ一般の方々が不動産に対する期待というか、上がるんではないかという意識が非常に高くなっていることだと思うんですよね。ですから、これまで持たない方が良かったということだったということだったと思うんですが、場合によっては少し持とうかなと。これは単に家計の方だけではなくて、企業の方にとってもそういう部分があるんだと思うんですね。これまでは持たない経営、バランスシートに持たない、場合によっては負債を持たないという両面があったわけですけれども、これから場合によっては、バランス両方に持つということも考えようかなと。それがある面では、今後デフレ脱却に対する第一歩ということにもなると思います。重要な一つの転換だと思いますね。 

« 歴史的にみて、長期金利が上がった後、株式相場が上昇するというパターンが見れます | トップページ | 過去の歴史からして、9月は株式市場が下落する可能性が高いですから、緩和縮小を始めるには最適なタイミングとはならないと思います »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史的にみて、長期金利が上がった後、株式相場が上昇するというパターンが見れます | トップページ | 過去の歴史からして、9月は株式市場が下落する可能性が高いですから、緩和縮小を始めるには最適なタイミングとはならないと思います »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ