カテゴリー

最近のコメント

« マーケットにとっては15万人から20万人程度が強すぎず弱すぎず居心地のいい水準で、投資家はこの範囲に収まるだろうとみているようです | トップページ | 需給調整というものを価格でやることになりますので、ある時突然価格が上がった。だから電気を使うのを抑えよう。それが果たして日本で各家庭でそういったことが耐えられるかどうか »

日本も韓国もドイツもなんだかんだ言っても中国への輸出が大きい部分があって、冷え込んでくると影響は避けられないですね

2013年7月4日(木)ワールドビジネスサテライト

ボストンコンサルティングG 日本代表 御立尚資さん

世界の景気が冷え込むというのが中国発で起こるというのはあり得ると思っていまして、それが一番確率が高いかというと、そうではなくて、見込まなければいけないシナリオは中国の地方金融機関、いわゆるシャドーバンキングとか言われていますけれども、いろいろな形の金融商品を使って、表に出ないような形で信用創造をしているんですね。これが締め付けにあってかなり苦しい。中国政府としては最終的にはどうしてもコントロールするんだという姿勢は崩していないんですけれども、日本の場合でも、金融危機の時は思ってもいない形で流動性というんですけれども、少しでも取り付け騒ぎがあったら、お金はあっという間に金融機関からなくなって、それが回らなくなると連鎖していくと、それが起こっても不思議ではないですね。それが実際に始まってしまうと、すでに資源国、例えばオーストラリアは中国の景気が冷え込んできて、もともと売っていた資源がかなり厳しくなってきている。苦労していますし、そのうえ、日本も韓国もドイツもなんだかんだ言っても中国への輸出が大きい部分があって、冷え込んでくると影響は避けられないですね。そういう要素がかなりあるんではないかなと。ただ、金融危機自体はそんなに広がるわけではなくて、どちらかというと、景気を冷やすというふうに思いますけどね。

« マーケットにとっては15万人から20万人程度が強すぎず弱すぎず居心地のいい水準で、投資家はこの範囲に収まるだろうとみているようです | トップページ | 需給調整というものを価格でやることになりますので、ある時突然価格が上がった。だから電気を使うのを抑えよう。それが果たして日本で各家庭でそういったことが耐えられるかどうか »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マーケットにとっては15万人から20万人程度が強すぎず弱すぎず居心地のいい水準で、投資家はこの範囲に収まるだろうとみているようです | トップページ | 需給調整というものを価格でやることになりますので、ある時突然価格が上がった。だから電気を使うのを抑えよう。それが果たして日本で各家庭でそういったことが耐えられるかどうか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ