カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 今月相次いで決算を発表した大手小売業、中でも若年層向けアパレル企業は予想を下回る決算となるものが目立ちました | トップページ | マイクロソフトのウィンドウズ8の改良版である新OS、ウィンドウズ8.1の発売が今年の10月に予定されていることやタッチパネル型液晶画面の価格が今後、クリスマス商戦に向けて低下する »

2030年に20歳になる女性というのはもうすでに生まれているわけですよね。とすると、母親になり得る女性の数がさらに減っていくことが決まっているわけですよね。子どもの数はさらに減り続ける

2013年8月28日(水)ワールドビジネスサテライト

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査本部長 五十嵐敬喜さん

総人口の減少というのはまだ0.2%ぐらいですけれども、一番の問題は人口の年齢構成が激変しているということですよね。現役、15歳から65歳未満の人口がどんどん減ってきて、現役で65歳以上人口をどれぐらい支えているか、高齢者一人を40年前は10人で支えていたんですね。20年前は5人になって、5年前に3人で一人を支えるというふうにどんどん減ってきているんですけれども、これからどうなるかということなんですけれども、15歳から40歳未満の結婚している女性の数と出生数は見事に関係があるんですね。例えば、2030年に20歳になる女性というのはもうすでに生まれているわけですよね。とすると、母親になり得る女性の数がさらに減っていくことが決まっているわけですよね。子どもの数はさらに減り続ける。
少子化対策を一生懸命にやることを前提にしても、子どもの数が減りますよということは、先々現役の数もさらに減るから、減ることを前提にいろいろと考えないといけないということですね。

« 今月相次いで決算を発表した大手小売業、中でも若年層向けアパレル企業は予想を下回る決算となるものが目立ちました | トップページ | マイクロソフトのウィンドウズ8の改良版である新OS、ウィンドウズ8.1の発売が今年の10月に予定されていることやタッチパネル型液晶画面の価格が今後、クリスマス商戦に向けて低下する »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今月相次いで決算を発表した大手小売業、中でも若年層向けアパレル企業は予想を下回る決算となるものが目立ちました | トップページ | マイクロソフトのウィンドウズ8の改良版である新OS、ウィンドウズ8.1の発売が今年の10月に予定されていることやタッチパネル型液晶画面の価格が今後、クリスマス商戦に向けて低下する »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ