カテゴリー

最近のコメント

« アメリカの個人金融資産の商品別構成比は株式関連でおよそ34%を占め、さらにおよそ12%の投資信託でも株式が半分近くを占めますので、実質的には株式がおよそ40%を占める計算です | トップページ | 小売り大手のKマートはおもちゃの目玉商品をネットで販売し、年末商戦のコマーシャルも去年より7週早い9月9日から放送しています »

もともとデフレの時代で債券に対して依存し過ぎた、債券が安全だという考え方が蔓延しているわけですよね

2013年9月26日(木)ワールドビジネスサテライト

大和総研 チーフエコノミスト 熊谷亮丸さん

7月から議論を続けてきて、今日は午前中にかなり詰めた議論をして、中間報告を出しました。委員の方はいろいろな考え方があるので、私個人の考えということで申し上げると、今、公的年金は200兆円程度あるんですね。ただ、この運用が債券に偏り過ぎている。これからアベノミクスによって、日本はデフレから脱却していきますので、株だとかそういうリスク資産にウェイトを移していく。そのことがデフレ脱却に資することになるし、最終的には国民だとか年金受給者の利益へとつながっていくという考え方ですね。
もともとデフレの時代で債券に対して依存し過ぎた、債券が安全だという考え方が蔓延しているわけですよね。ところが、これからインフレになれば、債券は売られますから、もう債券は安全資産だとは言えないんですよね。ですから、その意味では運用資産を多様化して、しかもそれを速やかにやる、迅速にやるということが中間報告にうたわれていますので、今後議論を詰めていきますが、日本の経済にとってプラスになるだろうと考えています。

« アメリカの個人金融資産の商品別構成比は株式関連でおよそ34%を占め、さらにおよそ12%の投資信託でも株式が半分近くを占めますので、実質的には株式がおよそ40%を占める計算です | トップページ | 小売り大手のKマートはおもちゃの目玉商品をネットで販売し、年末商戦のコマーシャルも去年より7週早い9月9日から放送しています »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの個人金融資産の商品別構成比は株式関連でおよそ34%を占め、さらにおよそ12%の投資信託でも株式が半分近くを占めますので、実質的には株式がおよそ40%を占める計算です | トップページ | 小売り大手のKマートはおもちゃの目玉商品をネットで販売し、年末商戦のコマーシャルも去年より7週早い9月9日から放送しています »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ