カテゴリー

最近のコメント

« 主役はサイドバックのフィル・バーズリー。ディカーリオ時代は冷遇されながら、このシティ戦、決勝ゴールを決め、一転サポーターの喝さいを浴びました | トップページ | 米国投資信託協会の統計によりますと、過去3週間、株式ファンドに買いが入っています。売買動向をみますと、現在の相場は引き続き機関投資家ではなく、個人投資家が主導していることがわかります »

今回、台風30号で激甚災害にあったフィリピンの代表が涙ながらに、この気候変動は凶器であるということを訴えました。ところが、日本は同じ会議の中で、温室ガスの削減目標を大幅に後退させているんですね

2013年11月12日(火)ワールドビジネスサテライト

クレディ・スイス証券 チーフ・マーケット・ストラテジスト 市川眞一さん

残念なんですけれども、率直に言って、無責任だと思いますね。というのは、一つは小泉内閣5年5カ月の間も、 
原子力発電所は動き続けていて、その間も使用済み燃料はずっと出続けていたわけですね。ところが、今日の会見で小泉元首相は使用済み燃料の最終処分場は出来ないという発言をされておりますが、これは原発を動かそうと、動かすまいと、使用済み燃料はあるので、これをどうするかという問題に対して明確な答えを出さないで、脱原発だというのは無責任だと思いますね。もうひとつは今、ポーランドのワルシャワで気候変動枠組み条約提案国会議、COP19という会議が開かれていますが、そこで昨日、今回、台風30号で激甚災害にあったフィリピンの代表が涙ながらに、この気候変動は凶器であるということを訴えました。ところが、日本は同じ会議の中で、温室ガスの削減目標を大幅に後退させているんですね。これはまさに原子力発電所が動いていないからなんです。再生可能エネルギーは確かに期待できるかもしれません。今、現状は2%しかないので、今の段階で原子力をやめてしまうと、世界に対して気候変動をどうしていくか、そこが日本の政治指導力を発揮できなくなってしまう部分ですから、この二つを考えると、残念ながら無責任と言わざるを得ないですね。

« 主役はサイドバックのフィル・バーズリー。ディカーリオ時代は冷遇されながら、このシティ戦、決勝ゴールを決め、一転サポーターの喝さいを浴びました | トップページ | 米国投資信託協会の統計によりますと、過去3週間、株式ファンドに買いが入っています。売買動向をみますと、現在の相場は引き続き機関投資家ではなく、個人投資家が主導していることがわかります »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 主役はサイドバックのフィル・バーズリー。ディカーリオ時代は冷遇されながら、このシティ戦、決勝ゴールを決め、一転サポーターの喝さいを浴びました | トップページ | 米国投資信託協会の統計によりますと、過去3週間、株式ファンドに買いが入っています。売買動向をみますと、現在の相場は引き続き機関投資家ではなく、個人投資家が主導していることがわかります »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ