カテゴリー

最近のコメント

« アップルの10-12月期の粗利益率は36.5%から37.5%と示しまして、これは市場予想の37.7%を下回りましたけれども、市場は改定ルールという特殊要因を勘案できていないように見えます | トップページ | ツイッターは今回のIPOに失敗したくない、特に最初から躓きたくないという意思がうかがえ、慎重に事を進めていることがわかります »

経済活動をまず活発にして、そして、結果としてデフレから脱却できるので、デフレ脱却をいきなり目標にするというのはちょっと無理があると思うんですね

2013年10月31日(木)ワールドビジネスサテライト

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査本部長 五十嵐敬喜さん

物価というのは結果だと思うんですね。経済活動の結果だと。デフレは諸悪の根源だといういい方はデフレが経済活動が不活発の原因だということですけれども、そうではなくて、物価というのは経済活動の熱みたいなものですから、これが活発になれば、上がってくるということなんですね。まずデフレを脱却しなければいけないという言い方は順番が逆だという気がします。デフレ脱却のために金融政策をどんどんやれば、デフレから脱却できるかといえば、そうではなくて、経済活動をまず活発にして、そして、結果としてデフレから脱却できるので、デフレ脱却をいきなり目標にするというのはちょっと無理があると思うんですね。

« アップルの10-12月期の粗利益率は36.5%から37.5%と示しまして、これは市場予想の37.7%を下回りましたけれども、市場は改定ルールという特殊要因を勘案できていないように見えます | トップページ | ツイッターは今回のIPOに失敗したくない、特に最初から躓きたくないという意思がうかがえ、慎重に事を進めていることがわかります »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アップルの10-12月期の粗利益率は36.5%から37.5%と示しまして、これは市場予想の37.7%を下回りましたけれども、市場は改定ルールという特殊要因を勘案できていないように見えます | トップページ | ツイッターは今回のIPOに失敗したくない、特に最初から躓きたくないという意思がうかがえ、慎重に事を進めていることがわかります »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ