カテゴリー

最近のコメント

« バイアンドホールドの投資家からみると、ちょっとやそっとでは相場の変動期待値が高まらなくなってしまったことも背景にあると思います | トップページ | ヌーヴォレコルトか、ヌーヴォレコルトか、ヌーヴォレコルトがハープスターの追撃を抑えました。9番ヌーヴォレコルト、ここ一番で決めました。ディープインパクトの仔を阻んだのはハーツクライの子供 »

相場の振れ幅や不安心理を示す10年債先物ボラティリティやVIX指数もこの1年でほぼ一定の水準で、債券、株とも急落への警戒感は薄いようです

2014年5月23日(金)Newsモーニングサテライト

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナル 竹綱宏行さん

中古住宅販売の減少は止まりつつあると考えられます。ただ、天候が改善しているにもかかわらず、目立ったリバウンドは見られません。価格10万ドル以下の住宅販売は前年比12.0%減でした。また、サブライム問題の震源地であった西部地区の販売は8.9%減と6カ月連続のマイナスです。これはこれまで購入の主体だった投資家などが差し押さえ物件の減少で、購入を手控え始めていることが理由とノムラではみています。
これまで在庫不足が販売を抑制してきましたが、住宅価格の回復を受けて、売り手側のマインドが前向きになり、市場に出回る物件が増えてきています。売りに出ている物件が月の販売件数に比べて、どのくらいあるかで測る在庫は5.9カ月分まで上昇。2010年8月以来の水準まで戻ってきていて、需給環境は改善してきているとみています。

金利の低下ということは、債券が買われているわけですが、どこからお金が流れているのかにも注目です。よく債券が買われているときというのは、投資家がリスクを取りたくない時に安全資産として買われると言われます。しかし、先週発表の投信やETFなどのファンドの資金フローをみると、預金と同じような区分のMMFなどから株、投資適格債などへ資金が移動していることがわかります。
実は昨年5月から9月にかけてアメリカ10年国債利回りは1.6%から3%まで上昇していたので、このレンジの中にいる現在は上にも下にも動きやすいと思います。GDPの成長率が上昇するにつれて、金利も上昇方向でノムラではみていますが、イエレンFRB議長は昨年のような急激な動きを警戒、対策を取っており、動き方はゆっくりになると考えられています。相場の振れ幅や不安心理を示す10年債先物ボラティリティやVIX指数もこの1年でほぼ一定の水準で、債券、株とも急落への警戒感は薄いようです。

« バイアンドホールドの投資家からみると、ちょっとやそっとでは相場の変動期待値が高まらなくなってしまったことも背景にあると思います | トップページ | ヌーヴォレコルトか、ヌーヴォレコルトか、ヌーヴォレコルトがハープスターの追撃を抑えました。9番ヌーヴォレコルト、ここ一番で決めました。ディープインパクトの仔を阻んだのはハーツクライの子供 »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バイアンドホールドの投資家からみると、ちょっとやそっとでは相場の変動期待値が高まらなくなってしまったことも背景にあると思います | トップページ | ヌーヴォレコルトか、ヌーヴォレコルトか、ヌーヴォレコルトがハープスターの追撃を抑えました。9番ヌーヴォレコルト、ここ一番で決めました。ディープインパクトの仔を阻んだのはハーツクライの子供 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ