カテゴリー

最近のコメント

« 8七飛車成。これは思い切った手で、秒読みの中、カド番の中、思い切った手を指されたと思うんですけれども、勝ちがあるのかもしれませんし、ひょっとしたらこの手が敗着になってしまったかもしれないという、厳しい側面もありましたね | トップページ | 相場の振れ幅や不安心理を示す10年債先物ボラティリティやVIX指数もこの1年でほぼ一定の水準で、債券、株とも急落への警戒感は薄いようです »

バイアンドホールドの投資家からみると、ちょっとやそっとでは相場の変動期待値が高まらなくなってしまったことも背景にあると思います

2014年5月22日(木)Newsモーニングサテライト

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

さまざまな議論がなされていましたが、結局は現状維持。さらなる分析を続けるということで、結論と行動は何もなしという結果でした。景気は緩やかに回復するとの見方が維持され、低金利政策は継続という判断のようです。
今日はVIX指数が12割れと、13年8月以来の低水準です。金融政策の透明度が増したことで、少々の経済指標のブレには反応しなくなっていますし、また、地政学的要因も世界経済へのインパクトに欠ける状況です。バイアンドホールドの投資家からみると、ちょっとやそっとでは相場の変動期待値が高まらなくなってしまったことも背景にあると思います。むしろ下がれば買いという投資家が多いように思います。

アメリカの運輸省は乗用車についてV2V、自動車対自動車の相互通信を可能にする取り組み促進を2月に発表しています。車同士が速度や位置というデータを1秒間に10回のペースで交換し、衝突の回避など自動運転の実現を目指す技術です。2025年には完全な自動運転が実現すると言われています。
タイヤやブレーキなどの安全技術を手掛けるドイツのコンチネンタルは自動運転に関する市場が2020年までに年率で約20%で成長するとして、1億ユーロを投資しています。また、V2Vの通信向け半導体企業にはシスコシステムズや日本の三井物産なども戦略的に出資しています。そして、カメラで捕えた情報を処理するシステムを開発しているモバイルアイは現在、テスラモーターズと自動運転の開発で協力しています。このモバイルアイがこの夏にもIPO申請を計画しているとの観測もあり、この分野に関する投資家の関心も高まりそうです。

« 8七飛車成。これは思い切った手で、秒読みの中、カド番の中、思い切った手を指されたと思うんですけれども、勝ちがあるのかもしれませんし、ひょっとしたらこの手が敗着になってしまったかもしれないという、厳しい側面もありましたね | トップページ | 相場の振れ幅や不安心理を示す10年債先物ボラティリティやVIX指数もこの1年でほぼ一定の水準で、債券、株とも急落への警戒感は薄いようです »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 意外に最適行動するバカお嬢様 [投資一族のブログ]
バカお嬢様とは、実家暮らしの女たちのことを指す。彼女達は、生活コストが0なので、気紛れで働いて手にした金をすべて自分の好きなように、わがまま消費でき、その金額はいわゆる普通の男性会社員より遥かに多い。実家が特別な金持ちでもなければ、本人に才能があるわけでもないのに、カネが余りまくってて使えないほど持っている。その理由は、持っている金額自体は小額でも、使う金額が異様に小さければ、簡単に実現することを前回、示した。 2014.03.18 未来の働き方を考えよう 3/4~最もケチな人たち バカお嬢様のおバ... [続きを読む]

« 8七飛車成。これは思い切った手で、秒読みの中、カド番の中、思い切った手を指されたと思うんですけれども、勝ちがあるのかもしれませんし、ひょっとしたらこの手が敗着になってしまったかもしれないという、厳しい側面もありましたね | トップページ | 相場の振れ幅や不安心理を示す10年債先物ボラティリティやVIX指数もこの1年でほぼ一定の水準で、債券、株とも急落への警戒感は薄いようです »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ