カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« フランケル産駒のソウルスターリング、日本で見事にGIを制覇いたしました。クリストフルメールジョッキー、昨年のメジャーエンブレムに続きまして、このジュベナイルフィリーズ連覇 | トップページ | さらにネットで注文することで、購入商品を具体的に把握でき、顧客サービスの向上につなげられるというメリットもあるようです »

中長期的投資への慎重姿勢が見え始め、メキシコで事業展開するアメリカ企業の収益見通しも左右しかねず、この動きは念頭に置いておくべきだと感じています

2016年12月13日(火)Newsモーニングサテライト

三井住友アセットマネジメントNY 三浦仁孝さん

15年ぶりにOPECと非加盟国による減産が合意に達しました。ロシアのノバクエネルギー相とサウジのファリハエネルギー産業鉱物資源相による会見では11月30日に合意した水準よりも大幅な減産の用意があることも示されました。両国はシリア内線問題やエネルギー輸出国として競争を繰り返した過去を棚上げし、歴史的な協調となりました。
アメリカのシェールオイルの増産は事前にも予想されていましたが、実際、原油掘削用の稼働リグ数も急上昇しています。これは減産合意を先取りした動きで、今後、アメリカの原油生産量は増加するとみられます。結果、原油価格の上昇も限定的で、上値の目途は55ドル程度とみています。

先日、メキシコの現地企業を取材しましたが、為替の動きは気にしつつも、94年に政治、経済不安をきっかけに資金流出が起きたいわゆるメキシコ通貨危機など大きなショックを乗り越えた経験もあり、特にビジネスの継続性を脅かすとは考えていないようです。また、関税引き上げもあるとしても時間のかかる話で、そもそも急激な関税の変更をしたら、アメリカ企業に多大な影響が及ぶといった観点から現実的なリスクとはとらえていませんでした。
投資に対する様子見姿勢が強まる可能性はありそうです。メキシコの大手金融機関によると、多くのメキシコ企業は今計画している投資を先送りするだろうとみていました。
スターバックスやバーガーキングなどをメキシコで運営するアルセアは一部店舗の改装を先送りし始めているようです。足元のビジネスを縮小することはないものの、中長期的投資への慎重姿勢が見え始め、メキシコで事業展開するアメリカ企業の収益見通しも左右しかねず、この動きは念頭に置いておくべきだと感じています。

« フランケル産駒のソウルスターリング、日本で見事にGIを制覇いたしました。クリストフルメールジョッキー、昨年のメジャーエンブレムに続きまして、このジュベナイルフィリーズ連覇 | トップページ | さらにネットで注文することで、購入商品を具体的に把握でき、顧客サービスの向上につなげられるというメリットもあるようです »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/64622966

この記事へのトラックバック一覧です: 中長期的投資への慎重姿勢が見え始め、メキシコで事業展開するアメリカ企業の収益見通しも左右しかねず、この動きは念頭に置いておくべきだと感じています:

« フランケル産駒のソウルスターリング、日本で見事にGIを制覇いたしました。クリストフルメールジョッキー、昨年のメジャーエンブレムに続きまして、このジュベナイルフィリーズ連覇 | トップページ | さらにネットで注文することで、購入商品を具体的に把握でき、顧客サービスの向上につなげられるというメリットもあるようです »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ