カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 捕らえたか、捕らえたか、それとも残したか、人気2頭の一騎打ち、いったんは振り切ったように見えたキタサンブラックにじわじわと追いつめて最後は捕らえたかサトノダイヤモンド | トップページ | 現状で金融機関の利益が一時的に減少してしまうデメリットには注意が必要かもしれません »

借入金の多い企業とか輸入企業とか、この辺にとっては不利な税制になるかもしれませんので要注意です

2017年1月4日(水)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタルマネジマント 堀古英司さん

年末までに損失を確定させて株式を売却すると通常所得3000ドルまでは相殺できるほか、キャピタルゲインでしたら無制限に相殺できるので、年内に株式、損が出ているものは実現してしまおうという動きが出て、その動きが年が明けるとなくなるので上昇しやすいと、これが1月相場といわれるものです。
トランプ政権で税率が低下するといわれているので、売却損を出すのだったら、年末までのほうがよかったんですよね。今回は特に税率の変更が予想されるので、去年末までに売りが多く出た可能性があります。ですので、その反動もこの1週間ぐらいで出やすい時期だったということなんですよね。1月、低税率なので、もうゲインを確定してしまおうという人もいるかもしれませんけれども、過去、実は低税率、3月まで施行されなかったケースもありますので、今まだ売っても仕方がないということです。

法人税減税、企業の税引き後利益が増えるので、これはそのまま株式市場全体にいい材料です。ただ、これに伴って、共和党の案では二つ控除できなくなるかもしれないものがあって、一つは借入金の利息、もう一つは輸入品の価格を費用計上できなくなるかもしれないということなんですね。
直接銀行からお金を借りて、その利息が発生すると、それが費用計上できるんですけれども、一方で、株式で株主に渡す配当金はもちろん費用計上できないですよね。株式というのはもともとリスクもあるのに費用計上できないということで、不利だということで、それを公平にしようということで、借入金の費用も認めなくするという案が出ています。
今、原産地ベースで課税されているんですけれども、それを最終需要地ベースにしようという案が出ていて、これになると輸入品が非常に不利になるんですよね。輸入企業にとってはあたかも他国との交渉なしに輸入品に大きな関税をかけると、そういう効果があるので、そうなると輸入企業にとっては不利で、為替ではドル高の要因になります。こうして借入金の多い企業とか輸入企業とか、この辺にとっては不利な税制になるかもしれませんので要注意です。

« 捕らえたか、捕らえたか、それとも残したか、人気2頭の一騎打ち、いったんは振り切ったように見えたキタサンブラックにじわじわと追いつめて最後は捕らえたかサトノダイヤモンド | トップページ | 現状で金融機関の利益が一時的に減少してしまうデメリットには注意が必要かもしれません »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/64719949

この記事へのトラックバック一覧です: 借入金の多い企業とか輸入企業とか、この辺にとっては不利な税制になるかもしれませんので要注意です:

« 捕らえたか、捕らえたか、それとも残したか、人気2頭の一騎打ち、いったんは振り切ったように見えたキタサンブラックにじわじわと追いつめて最後は捕らえたかサトノダイヤモンド | トップページ | 現状で金融機関の利益が一時的に減少してしまうデメリットには注意が必要かもしれません »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ