カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 期待先行の部分も大きいセクターですが、決算発表という大きなリスクイベントを終えているだけにしばらくは相場の牽引役となることが期待できます | トップページ | このため利上げサイクルの初期段階では銀行の利ザヤの拡大が見込まれるため、銀行株の優位が当面続くと考えています »

貸し倒れが急増したりするとマイナスなんですけれども、今回、減税が実行される可能性が高いですので、これも可能性として低いのではないかということで、今、最もスイートスポットにある業種とみています

2017年3月7日(火)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタルマネジマント 堀古英司さん

先月、大手機関投資家の最新の保有状況が発表されました。トランプ大統領に決まってから初めての保有状況ですけれども、予想通りといえば予想通りなんですけれども、トランプ銘柄が買われて、そうでないセクターが売られるということになっています。トランプ銘柄のほうでは代表的なのが銀行で、JPモルガンとかバンカメとかPNCファイナンシャルなんかが買われる結果となっています。一方で、トランプ氏に経営トップなんかが批判的だった大手ハイテク株が結構売られる中、アップル株はウォーレンバフェット氏が大量に買い増していることが明らかになりました。
航空株なんですよね。航空業界、かなり再編が進んできて、供給サイドは絞られる一方で、今後景気回復への期待から需要が伸びるだろうということでその辺に目をつけているんだろうと思います。

特に保険セクターが恵まれた環境にいると考えています。保険会社というのは基本的に毎月保険料収入が入ってきて、これは運用する方ですので、金利が高いほうが運用という環境では恵まれているということですね。規制緩和がこれから期待できますけれども、例えばシステム上重要な金融機関から保険会社が外されると、こういう動きも起こってくることが期待できると思います。
ただ、保険に関しては特にここ数年で遅れてきた業種で、S&P500指数の今年末のバリエーションの予想ですけれども、PERでみて18倍ちょっとなんですけれども、保険に関しては13倍なんですよね。銀行は最近上がっていますけれども、これでも14倍を超えていますので、やはり割安というのは突出しているといえると思います。
注目しているのはモーゲージインシュアランスといって住宅ローンの保険の会社なんですよね。これは金利が上昇し始めると住宅ローンの借り換えが起こりにくくなります。そうすると保険をずっと持っていてくれると、解約が起こりにくくなるということで、非常に環境がいいんですよね。もちろん貸し倒れが急増したりするとマイナスなんですけれども、今回、減税が実行される可能性が高いですので、これも可能性として低いのではないかということで、今、最もスイートスポットにある業種とみています。

« 期待先行の部分も大きいセクターですが、決算発表という大きなリスクイベントを終えているだけにしばらくは相場の牽引役となることが期待できます | トップページ | このため利上げサイクルの初期段階では銀行の利ザヤの拡大が見込まれるため、銀行株の優位が当面続くと考えています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 期待先行の部分も大きいセクターですが、決算発表という大きなリスクイベントを終えているだけにしばらくは相場の牽引役となることが期待できます | トップページ | このため利上げサイクルの初期段階では銀行の利ザヤの拡大が見込まれるため、銀行株の優位が当面続くと考えています »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ