カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« レーヌミノルです。レーヌミノル勝ちました。長い直線押し切った10番レーヌミノルです。最後追った6番リスグラシュー、これが2番手か。14番ソウルスターリングは初黒星。8番カラクレナイとともに3番手争いです | トップページ | ズーナムは小型の電気飛行機を地方の小さい空港同士をつなぐ手段として取り入れ、バスのように気軽の利用を目指しているようです。その結果、地方都市に雇用や投資が生まれ、地方の活性化につながるという経済効果も期待できるとしています »

それらに比べても相対的に低いと思いますし、今は好決算などもありますので、やはり上昇していくことを逃す、そのリスクも考えておかないといけないと思います

2017年4月11日(火)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタルマネジマント 堀古英司さん

まず押さえておかないといけないのは今週金曜日、アメリカの市場は休場ですので、週後半にかけて取引が薄くなっていくというのはわかっていますし、そして今週と来週は議会が休みなんですよね。ですので、ここ数週間、議会の動きが注目されていましたけれども、これ関係のニュースが出てくる可能性は低いということで、やはり今週12日から始まる企業決算にいつもよりも注目が集まると思います。
大手銀行株は歴史的に純資産倍率で1.5倍程度、株価収益倍率で15倍強というのが適正水準なんですけれども、特にシティグループとかバンカメとかは純資産倍率が1を下回っていて、株価収益倍率10倍程度ですので、好決算が出れば、素直に買われると思います。

一般的に地政学的リスクの高まりは株価の下落要因とされますけれども、ここで考えなくてはいけないのは、一つはリスクの程度ですよね、もう一つはそれを打ち消すような材料の有無ということなんですけれども、短絡的に地政学的リスクというと株価は下落と考えるのは誤りだと思います。
いまでしたらトランプ政権の経済政策に期待とか好決算とか好景気とかが打ち消しているんだと思っています。ここ数年思うんですけれども、市場というのは、特に金融危機以降だと思いますが、リスクに過敏になりすぎていると思うんですよね。VIX指数とS&P500指数の推移は確かにリスクが高まった時に短期的に株価は下落しているんですけれども、実はそれが収まった時の上昇というのは非常に大きいんですよね。ですので、こういうのを逃すリスク、リスクを取らないリスクというのも大きいというのも認識しておかないといけないと思うんです。
まずリスクの程度ですけれども、去年あったようなブレグジットとか大統領選挙とか中国株とかいろいろ悪材料はありましたけど、それらに比べても相対的に低いと思いますし、今は好決算などもありますので、やはり上昇していくことを逃す、そのリスクも考えておかないといけないと思います。

« レーヌミノルです。レーヌミノル勝ちました。長い直線押し切った10番レーヌミノルです。最後追った6番リスグラシュー、これが2番手か。14番ソウルスターリングは初黒星。8番カラクレナイとともに3番手争いです | トップページ | ズーナムは小型の電気飛行機を地方の小さい空港同士をつなぐ手段として取り入れ、バスのように気軽の利用を目指しているようです。その結果、地方都市に雇用や投資が生まれ、地方の活性化につながるという経済効果も期待できるとしています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/65137451

この記事へのトラックバック一覧です: それらに比べても相対的に低いと思いますし、今は好決算などもありますので、やはり上昇していくことを逃す、そのリスクも考えておかないといけないと思います:

« レーヌミノルです。レーヌミノル勝ちました。長い直線押し切った10番レーヌミノルです。最後追った6番リスグラシュー、これが2番手か。14番ソウルスターリングは初黒星。8番カラクレナイとともに3番手争いです | トップページ | ズーナムは小型の電気飛行機を地方の小さい空港同士をつなぐ手段として取り入れ、バスのように気軽の利用を目指しているようです。その結果、地方都市に雇用や投資が生まれ、地方の活性化につながるという経済効果も期待できるとしています »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ