カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« ズーナムは小型の電気飛行機を地方の小さい空港同士をつなぐ手段として取り入れ、バスのように気軽の利用を目指しているようです。その結果、地方都市に雇用や投資が生まれ、地方の活性化につながるという経済効果も期待できるとしています | トップページ | 中でも買収で事業の柱を増やし、人工知能、アインシュタインを発表したセールスフォースドットコムが先頭を走っていて、業界内での再編などにより大手に力が集中するとみています »

半導体のエヌビディアやブロードコムのほか、フェイスブックやアマゾン、また現金から電子決済へのシフトが進むとみられることからVISAにも注目したいと考えています

2017年4月13日(木)Newsモーニングサテライト

米国みずほ証券 中川義裕さん

ユナイテッド航空に非難が殺到していますが、オーバーブッキングや機材の変更などを理由に飛行機に乗れないというケースはユナイテッド以外の航空会社でも発生しています。アメリカでは昨年1年間でおよそ4万人が強制的に飛行機から降ろされているというデータもあります。
今のところ航空株の投資判断や目標株価に顕著な引き下げは見られておらず、影響は限定的なようです。ただ、今回の件を発端に乗客を強制的に引きずりおろすことを禁ずるカスタマーノットカーゴ、乗客は荷物ではない法案を提案する議員も現れており、航空会社に対する規制が強まるリスクがあります。

ヘルスケア改革の失敗を経て、政策期待からの積極的な買いは当面控えられ、夏場にかけてはレンジ相場になる可能性があるとみています。このような局面ではスタイル別の投資が有効で、バリュー銘柄、いわゆる割安株への投資よりも今後の業績に期待して投資するグロース銘柄、いわゆる成長株への投資がよいと考えています。
昨年11月の大統領選以降、規制緩和を掲げるトランプ氏への政策への期待が高まり、金融やエネルギーなどを中心とするバリュー銘柄が選好されてきました。しかし、足もとでトランプ氏への期待感が一服する中、投資チャンスを求める動きから政策の後押しがなくても成長が期待されるグロース銘柄に資金が戻りつつあり、議会の税制改革も承認が夏以降にずれ込む可能性が高いことから、この動きが当面続くとみています。
トランプ相場の序盤に売られる傾向にあったハイテクに今後も資金が向かいやすいと思います。半導体のエヌビディアやブロードコムのほか、フェイスブックやアマゾン、また現金から電子決済へのシフトが進むとみられることからVISAにも注目したいと考えています。

« ズーナムは小型の電気飛行機を地方の小さい空港同士をつなぐ手段として取り入れ、バスのように気軽の利用を目指しているようです。その結果、地方都市に雇用や投資が生まれ、地方の活性化につながるという経済効果も期待できるとしています | トップページ | 中でも買収で事業の柱を増やし、人工知能、アインシュタインを発表したセールスフォースドットコムが先頭を走っていて、業界内での再編などにより大手に力が集中するとみています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ズーナムは小型の電気飛行機を地方の小さい空港同士をつなぐ手段として取り入れ、バスのように気軽の利用を目指しているようです。その結果、地方都市に雇用や投資が生まれ、地方の活性化につながるという経済効果も期待できるとしています | トップページ | 中でも買収で事業の柱を増やし、人工知能、アインシュタインを発表したセールスフォースドットコムが先頭を走っていて、業界内での再編などにより大手に力が集中するとみています »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ