カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« ヨーロッパ企業は保守的で、アメリカに比べクラウド化が遅れています。その分、コンプライアンスの煩雑さに対応できない中小企業を啓もうしながら、クラウド導入を進める動きが活発化しています | トップページ | モズアスコット、やりました10番モズアスコット、モズアスコット、最後に出ました。先週、京都で走ったばかり。連闘で、この東京競馬場でGⅠ初制覇 »

さすがにWTIの60割れが近づけば、収益性重視を継続しているシェール生産会社は生産調整する可能性は高く、下値60ドルは堅いと思います

2018531()Newsモーニングサテライト

 

三井住友アセットマネジメントNY 曽根良太さん

 

主要産油国による協調減産を年末まで維持するとのサウジ関係者の発言が報じられ、今日は反発しました。先週末にはサウジが現在の協調減産の見直しについて用意があると発言したことで下落していましたが、減産を続けるのか、増産に転じるのか、二転三転しています。

サウジとロシアが増産してもイランなどの供給減少を補うに留まれば、協調減産自体が変わらなければ、需給ファンダメンタルズ自体は変わりません。そうなると、66ドル台まで下落した昨日の水準では売られ過ぎ感は否めず、OPECサイドから減産の継続を示唆する発言が出てもおかしくありません。結局、6月後半のOPEC総会までは価格を睨みながらのこうした口先介入が相次ぐとみています。

アメリカの原油生産量の約30%を占めるテキサス州パーミアンでは増産スピードに対してパイプラインなどの輸送網の整備が遅れ、過剰在庫を抱えています。価格もアメリカ全体の参考指標であるWTIに対して、10ドル以上もディスカウントされています。さすがにWTIの60割れが近づけば、収益性重視を継続しているシェール生産会社は生産調整する可能性は高く、下値60ドルは堅いと思います。

« ヨーロッパ企業は保守的で、アメリカに比べクラウド化が遅れています。その分、コンプライアンスの煩雑さに対応できない中小企業を啓もうしながら、クラウド導入を進める動きが活発化しています | トップページ | モズアスコット、やりました10番モズアスコット、モズアスコット、最後に出ました。先週、京都で走ったばかり。連闘で、この東京競馬場でGⅠ初制覇 »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/66779752

この記事へのトラックバック一覧です: さすがにWTIの60割れが近づけば、収益性重視を継続しているシェール生産会社は生産調整する可能性は高く、下値60ドルは堅いと思います:

« ヨーロッパ企業は保守的で、アメリカに比べクラウド化が遅れています。その分、コンプライアンスの煩雑さに対応できない中小企業を啓もうしながら、クラウド導入を進める動きが活発化しています | トップページ | モズアスコット、やりました10番モズアスコット、モズアスコット、最後に出ました。先週、京都で走ったばかり。連闘で、この東京競馬場でGⅠ初制覇 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ