カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 各社は実店舗の集客につなげるべく、AR技術を使ってシミュレーションができるといった体験型消費の提供に力を入れ、今後もその傾向は続きそうです | トップページ | これから3年たって、2021年になってもまだ0.5%の金利差が残っているということですので、うまくやれば、比較的経済が堅調で、利上げが続く状況が長く続くんではないかと思っています »

サブスクリプション・サービスには保険やメンテナンス費用なども含まれており、複雑な手続きや追加費用が必要ないことも魅力の一つです。今後、自動車を利用する新たな選択肢として広がりそうです

201868()Newsモーニングサテライト

 

岡三証券NY 近下篤子さん

 

サブスクリプション・サービスと呼ばれ、毎月一定の金額を支払って、自動車を利用するサービスです。今週、メルセデス・ベンツが試験的に開始すると発表したほか、日本勢ではレクサスが今年のニューヨーク・モーターショーで同様のサービスを発表し、年内に開始する予定です。

登録料と毎月の利用料を支払えば、モバイルアプリを使って手軽に車種の変更ができたり、好きな時に解約できたりと購入するよりも柔軟性が高いことが挙げられます。既にBMWやキャデラック、ポルシェなどが定額サービスを展開していますが、高級車だけあって月額が3700ドル、約41万円に達するプランもあり、かなり高額となっています。

所有とレンタルの間で揺れる消費者の受け皿として需要があるとみられ、モノを所有することにこだわらないミレニアル世代にも訴求できるとみています。また、キャデラックの定額サービス利用者は9割近くが1度もキャデラックを保有したことがないとしており、新たな需要な掘り起しにもつながっています。サブスクリプション・サービスには保険やメンテナンス費用なども含まれており、複雑な手続きや追加費用が必要ないことも魅力の一つです。今後、自動車を利用する新たな選択肢として広がりそうです。

« 各社は実店舗の集客につなげるべく、AR技術を使ってシミュレーションができるといった体験型消費の提供に力を入れ、今後もその傾向は続きそうです | トップページ | これから3年たって、2021年になってもまだ0.5%の金利差が残っているということですので、うまくやれば、比較的経済が堅調で、利上げが続く状況が長く続くんではないかと思っています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 各社は実店舗の集客につなげるべく、AR技術を使ってシミュレーションができるといった体験型消費の提供に力を入れ、今後もその傾向は続きそうです | トップページ | これから3年たって、2021年になってもまだ0.5%の金利差が残っているということですので、うまくやれば、比較的経済が堅調で、利上げが続く状況が長く続くんではないかと思っています »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ