カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« ウォルマートやアマゾンといった小売り大手は独自のミールキットを販売しています。参入企業が増える中で、今後、淘汰や提携がますます進むと考えます | トップページ | その背景にも、アメリカ全体の医療費の削減に取り組みたいという大きなゴールがあります。アマゾンにとってみれば、今回のピルパック買収もこうした大きな戦略の一環であると考えています »

金融セクターの株価は、そもそも今年、年初来アンダーパフォームしているんですよね。割安なうえに、この大規模な株主還元を発表したということで、一番割安で注目しているセクターだと考えています

2018612()Newsモーニングサテライト

 

ホリコ・キャピタルマネジマント 堀古英司さん

 

かなり大きな株式還元策が発表されています。トランプ政権になって初めてストレステストの発表ということで、緩和されているんですよね。かなり期待が高まっていましたけれども、今回発表された増配と自社株買いの増加によって、その金融機関の株を持っていれば、1年間でどれだけ株主に還元されるか、何%もらえるか。自社株買いと配当を合わせて、軒並み10%近く株主がもらえるような還元策になっています。ただ、資本政策を提出していたドイツ銀行はこれを否認されました。ゴールドマンサックスとモルガンスタンレーは堅調を維持しただけだということで、増配も自社株買いの増加もないという結果です。

先週、第一弾にストレステストの結果が発表になっていて、このシナリオというのは、失業率が10%、GDP成長率がマイナス8.9%、株価の下落が60%以上と、金融危機の時以上の大リッセッションの時のシナリオなんですね。それでも、大手35行の金融機関は健全性が維持できるという判断でしたので、いわば過剰資本だったわけですね。これを株主に還元しようというのが今回の発表です。

年後半に向けて、もっとも魅力的なセクターだと思っているんですけれども、金融セクターの株価は、そもそも今年、年初来アンダーパフォームしているんですよね。割安なうえに、この大規模な株主還元を発表したということで、一番割安で注目しているセクターだと考えています。

« ウォルマートやアマゾンといった小売り大手は独自のミールキットを販売しています。参入企業が増える中で、今後、淘汰や提携がますます進むと考えます | トップページ | その背景にも、アメリカ全体の医療費の削減に取り組みたいという大きなゴールがあります。アマゾンにとってみれば、今回のピルパック買収もこうした大きな戦略の一環であると考えています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォルマートやアマゾンといった小売り大手は独自のミールキットを販売しています。参入企業が増える中で、今後、淘汰や提携がますます進むと考えます | トップページ | その背景にも、アメリカ全体の医療費の削減に取り組みたいという大きなゴールがあります。アマゾンにとってみれば、今回のピルパック買収もこうした大きな戦略の一環であると考えています »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ