カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 最近ではYouTubeの不適切なコンテンツをめぐって、広告主が広告を撤退するなどの動きもあり、今後、コンテンツの管理が重要となる可能性がありそうです | トップページ | 金融セクターの株価は、そもそも今年、年初来アンダーパフォームしているんですよね。割安なうえに、この大規模な株主還元を発表したということで、一番割安で注目しているセクターだと考えています »

ウォルマートやアマゾンといった小売り大手は独自のミールキットを販売しています。参入企業が増える中で、今後、淘汰や提携がますます進むと考えます

2018628()Newsモーニングサテライト

 

東海東京証券アメリカ 手塚理恵さん

 

食材とレシピを自宅に配達するサービスであるミールキット業界の成長に注目しています。市場規模は去年、1年前の3倍以上になり、2022年には116億ドル、およそ13000億円まで拡大すると予想されています。変化の少ない食品業界の中では類を見ない高成長です。

アメリカではここ数年、参入が相次ぎ、現在、およそ150社と競争が激化しています。ミールキット業界は店舗が必要なく、初期費用が安く済むため、参入障壁が低いという特徴があります。ただ、その分差別化もしにくく、マーケティング費用がかさんで利益が出にくい状況で、業績は必ずしも堅調とは言えません。

オンライン販売からスタートしたミールキット各社ですが、業界2位のブルーエプロンは先月、コストコで販売を開始したほか、業界首位のハローフレッシュも今月になり、大手スーパーでの販売を発表するなど、実店舗を有する小売業者との提携に商機を見いだしています。一方、ウォルマートやアマゾンといった小売り大手は独自のミールキットを販売しています。参入企業が増える中で、今後、淘汰や提携がますます進むと考えます。

« 最近ではYouTubeの不適切なコンテンツをめぐって、広告主が広告を撤退するなどの動きもあり、今後、コンテンツの管理が重要となる可能性がありそうです | トップページ | 金融セクターの株価は、そもそも今年、年初来アンダーパフォームしているんですよね。割安なうえに、この大規模な株主還元を発表したということで、一番割安で注目しているセクターだと考えています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/66879476

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルマートやアマゾンといった小売り大手は独自のミールキットを販売しています。参入企業が増える中で、今後、淘汰や提携がますます進むと考えます:

« 最近ではYouTubeの不適切なコンテンツをめぐって、広告主が広告を撤退するなどの動きもあり、今後、コンテンツの管理が重要となる可能性がありそうです | トップページ | 金融セクターの株価は、そもそも今年、年初来アンダーパフォームしているんですよね。割安なうえに、この大規模な株主還元を発表したということで、一番割安で注目しているセクターだと考えています »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ