カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 16日にIT企業の先陣を切って決算発表を行うネットフリックスがドル高への懸念を増さなければ、その後に続くIT企業への期待が膨らむと考えています | トップページ | 10年物国債利回りが今、3%弱ですので、株価収益倍率15倍ということは益利回りが7%。3%と7%を比べたら、やっぱり明らかに株のほうが有利な状況が続いています »

特に生鮮食品は当日配送のニーズが強い一方で、無料配送を重要視する傾向があるため、コストを転嫁しずらく、自動運転導入などによる効率化が欠かせません

201876()Newsモーニングサテライト

 

岡三証券NY 近下篤子さん

 

先週、スーパーマーケット大手のクローガーが自動運転車の開発を進める新興企業、ニューロと提携し、生鮮食品の配送サービスを今年秋から試験運用すると発表しました。ニューロは1月から自動運転のテストを開始していますが、住宅地で生鮮食品などを各家庭に届けるラストマイルの配送に特化しています。

ラストマイルとは配送における最終拠点から家庭までの輸送を指しますが、最近はこれを自動運転に任せる動きがみられます。一部の調査では2025年までにラストマイルの配送の85%を自動運転車が担うようになると予想しています。実際にアマゾンは今年に入って、大型の輸送トラックをハブ拠点のように使い、そこから各家庭まで荷物を運ぶ自動運転車両の特許を申請しています。

人手不足などによる配送コストの増加が自動運転かを後押ししています。特に生鮮食品は当日配送のニーズが強い一方で、無料配送を重要視する傾向があるため、コストを転嫁しずらく、自動運転導入などによる効率化が欠かせません。今後、ラストマイル攻略に自動運転を活用する動きが本格化しそうです。

« 16日にIT企業の先陣を切って決算発表を行うネットフリックスがドル高への懸念を増さなければ、その後に続くIT企業への期待が膨らむと考えています | トップページ | 10年物国債利回りが今、3%弱ですので、株価収益倍率15倍ということは益利回りが7%。3%と7%を比べたら、やっぱり明らかに株のほうが有利な状況が続いています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/66907860

この記事へのトラックバック一覧です: 特に生鮮食品は当日配送のニーズが強い一方で、無料配送を重要視する傾向があるため、コストを転嫁しずらく、自動運転導入などによる効率化が欠かせません:

« 16日にIT企業の先陣を切って決算発表を行うネットフリックスがドル高への懸念を増さなければ、その後に続くIT企業への期待が膨らむと考えています | トップページ | 10年物国債利回りが今、3%弱ですので、株価収益倍率15倍ということは益利回りが7%。3%と7%を比べたら、やっぱり明らかに株のほうが有利な状況が続いています »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ