カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« ブライトハウスは元メットライフの生命保険部門だったんですけれども、名前が完全に変わってしまって、投資家に認知されていないということもあり、これは中長期的に見直される可能性が高いのではないかと見ています | トップページ | インターモーダルの拡大が追い風になるグリーンブライアーやトリニティ・インダストリーズといった鉄道車両メーカー大手が恩恵を受けそうです »

22日発表予定のターゲットは7月のセールでは今年最大のオンライン販売となったとしており、業績への後押しとなってきそうです

201889()Newsモーニングサテライト

 

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

 

NRF全米小売業協会によると、今年の新学期商戦での支出額は総額828億ドルになるとの見通しです。去年の836億ドルよりは少し減少しますが、800億ドルを上回る高い水準が見込まれています。

ここ最近の新学期商戦の傾向として買い物の開始時期が早まっています。NRFの調査では77%の人が新学期が始まる3週間以上前に開始すると答えていて、昨年の74%、10年前の64%から上昇しています。毎年恒例となった7月に実施されるアマゾンの有料会員向けの特売セール、プライムデーが新学期商戦の消費動向に変化を与えていて、プライムデーで多くの人が新学期向けのセール品を探すことになったことも指摘されています。アマゾンに対抗するためにウォルマートなどほかの小売店でも7月に大規模なセールを行い、買い物客を取り込もうとしています。

16日に発表されるウォルマートは前期決算でオンライン販売の成長率が回復しましたが、7月のセールがオンライン販売の成長に貢献しているかどうか注目されています。また、22日発表予定のターゲットは7月のセールでは今年最大のオンライン販売となったとしており、業績への後押しとなってきそうです。

« ブライトハウスは元メットライフの生命保険部門だったんですけれども、名前が完全に変わってしまって、投資家に認知されていないということもあり、これは中長期的に見直される可能性が高いのではないかと見ています | トップページ | インターモーダルの拡大が追い風になるグリーンブライアーやトリニティ・インダストリーズといった鉄道車両メーカー大手が恩恵を受けそうです »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/67038401

この記事へのトラックバック一覧です: 22日発表予定のターゲットは7月のセールでは今年最大のオンライン販売となったとしており、業績への後押しとなってきそうです:

« ブライトハウスは元メットライフの生命保険部門だったんですけれども、名前が完全に変わってしまって、投資家に認知されていないということもあり、これは中長期的に見直される可能性が高いのではないかと見ています | トップページ | インターモーダルの拡大が追い風になるグリーンブライアーやトリニティ・インダストリーズといった鉄道車両メーカー大手が恩恵を受けそうです »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ