カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« クレジットカードのビザやマスターカード、ペット用薬品最大手のゾエティス。この3社の株価は揃って上場来高値圏にあり、市場からも厚い信任を得ているものと考えられます | トップページ | 開示の頻度は減らさず、投資家への情報量は維持しつつ、四半期ごとの業績ガイダンスを廃止するという見直しに落ち着く可能性はあると考えています »

クリーンエネルギーを開発しる企業や職場で性別や人種の多様化を促進する企業などを構成銘柄としたETFの設定などが今後、一層増えてくるとみています

2018829()Newsモーニングサテライト

 

岡三証券NY 𠮷田拡司さん

 

JPモルガン・チェースが最初の1年間は手数料無料で株式売買が可能なスマホアプリの提供を今週からスタートさせました。30代のミレニアル世代の中には社会人なりたての時に金融危機を経験している人も多く、資産運用特に消極的だといわれていますが、価格に敏感でデジタル社会に適用する彼らにスマホと手数料無料という戦略で投資のハードルを下げた形です。

ある調査会社の試算では1982年から98年に生まれたミレニアル世代の金融資産は2020年までに最大で24兆ドル、およそ2600兆円と2015年から2倍以上にまで拡大することが見込まれており、金融機関にとって重要な顧客層となってきます。中でも年齢が高い層は今後、収入がピーク期に突入するほか、ベビーブーマー世代の親から資産を引き継ぐことで急激に資産が拡大していくとみられます。

ミレニアル世代は資産拡大よりも社会貢献が大切だと考える割合が92%とほかの世代よりも高く、社会貢献につながる投資商品の開発が重要だと考えます。クリーンエネルギーを開発しる企業や職場で性別や人種の多様化を促進する企業などを構成銘柄としたETFの設定などが今後、一層増えてくるとみています。

« クレジットカードのビザやマスターカード、ペット用薬品最大手のゾエティス。この3社の株価は揃って上場来高値圏にあり、市場からも厚い信任を得ているものと考えられます | トップページ | 開示の頻度は減らさず、投資家への情報量は維持しつつ、四半期ごとの業績ガイダンスを廃止するという見直しに落ち着く可能性はあると考えています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/67109461

この記事へのトラックバック一覧です: クリーンエネルギーを開発しる企業や職場で性別や人種の多様化を促進する企業などを構成銘柄としたETFの設定などが今後、一層増えてくるとみています:

« クレジットカードのビザやマスターカード、ペット用薬品最大手のゾエティス。この3社の株価は揃って上場来高値圏にあり、市場からも厚い信任を得ているものと考えられます | トップページ | 開示の頻度は減らさず、投資家への情報量は維持しつつ、四半期ごとの業績ガイダンスを廃止するという見直しに落ち着く可能性はあると考えています »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ