カテゴリー

最近のコメント

« 潜在需要を持つミレニアル世代が一戸建て購入にシフトする動きが確認できれば、住宅メーカーの株式にも投資妙味が出てくると考えています | トップページ | 中間選挙が終わり、トランプ大統領の関心が低下すれば、原油価格はOPECの動向次第となり、今の高値水準で安定しやすくなると考えています »

環境によさそうといったイメージだけでなく、数値化して投資プロセスに組み込む動きが本流化すれば、企業の社会貢献に対する意識がさらに高まりそうです

2018927()Newsモーニングサテライト

 

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

 

国連はSDGsと呼ばれる持続可能な開発目標を提唱しており、環境や教育、貧困をなくすなど17の目標を掲げて、地球をより良い世界へ変えていこうという活動を推進しています。このSDG投資のイベントにも多くの人が集まり、確実に広がりを見せています。

具体的な投資方法としては17の目標の下にある169の項目ごとに企業の貢献度を評価してスコアを付けます。これらのスコアを加味した総合点で投資銘柄を選びますが、最近ではデータ化が進み、投資用端末で専門の調査会社によるスコアを見ることもできます。また、専門のアナリストを採用する運用機関も増えています。

23日に世界銀行と国連は世界の飢餓対策でマイクロソフト、アマゾン、グーグルの3社と協力することを発表しています。3社共同でビッグデータや人工知能を駆使して開発途上国の食糧危機を予測し、飢餓を未然に防ぐプロジェクトです。環境によさそうといったイメージだけでなく、数値化して投資プロセスに組み込む動きが本流化すれば、企業の社会貢献に対する意識がさらに高まりそうです。

« 潜在需要を持つミレニアル世代が一戸建て購入にシフトする動きが確認できれば、住宅メーカーの株式にも投資妙味が出てくると考えています | トップページ | 中間選挙が終わり、トランプ大統領の関心が低下すれば、原油価格はOPECの動向次第となり、今の高値水準で安定しやすくなると考えています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 潜在需要を持つミレニアル世代が一戸建て購入にシフトする動きが確認できれば、住宅メーカーの株式にも投資妙味が出てくると考えています | トップページ | 中間選挙が終わり、トランプ大統領の関心が低下すれば、原油価格はOPECの動向次第となり、今の高値水準で安定しやすくなると考えています »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ