カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 今回の新製品でも継続的な平均販売価格の上昇が見込まれるようであれば、さらなる好業績への期待が膨らみ、株価は一段高もあると考えています | トップページ | 入院患者に使用する医薬品のコストが病院予算に大きく影響を与えるといわれる中で、自社生産のジェネリックの導入でコストが削減できれば、業界全体や患者にとってもメリットが大きいと考えています »

セクターウェイトが小さくなる情報技術が売られ、大きくなるコミュニケーションが買われるといったセクターファンド間での資金シフトが起こる可能性が高く、セクターごとの値動きが通常よりも高くなる可能性もあります

2018911()Newsモーニングサテライト

 

野村グループ 草田裕紀さん

 

S&P500指数は今月21日の取引終了時に銘柄の構成比率の変更などのリバランスが行われ、指数への連動を目指すETFなどは新たな構成比率に合うように実際に個別銘柄を売買することになります。この売買が21日の取引終了にかけて発生すると予想され、その規模は5兆円を超える見込みです。これは1年前の額を大きく上回る規模です。

S&P500のセクター分類の基準になっているGICSセクター分類が大きく変更されるからです。今回の変更は電気通信の名称がコミュニケーションに変わり、このコミュニケーションにこれまで情報技術に分類されていたアルファベットやフェイスブック、一般消費財からはネットフリックスなど今年、上昇を牽引していた銘柄が加わります。

リバランス前後でセクターウェイトが小さくなる情報技術が売られ、大きくなるコミュニケーションが買われるといったセクターファンド間での資金シフトが起こる可能性が高く、セクターごとの値動きが通常よりも高くなる可能性もあります。

« 今回の新製品でも継続的な平均販売価格の上昇が見込まれるようであれば、さらなる好業績への期待が膨らみ、株価は一段高もあると考えています | トップページ | 入院患者に使用する医薬品のコストが病院予算に大きく影響を与えるといわれる中で、自社生産のジェネリックの導入でコストが削減できれば、業界全体や患者にとってもメリットが大きいと考えています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今回の新製品でも継続的な平均販売価格の上昇が見込まれるようであれば、さらなる好業績への期待が膨らみ、株価は一段高もあると考えています | トップページ | 入院患者に使用する医薬品のコストが病院予算に大きく影響を与えるといわれる中で、自社生産のジェネリックの導入でコストが削減できれば、業界全体や患者にとってもメリットが大きいと考えています »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ