カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 今回は航空会社のロビー活動の成果もあって、法案に含まれませんでしたが、将来的に制限がかかる可能性があり、航空会社の業績を見るうえでは気にする必要がありそうです | トップページ | 今回のアマゾンに代表される、これまで賃金が抑えられていた層における賃金の引き上げの動きが賃金全体の伸びを加速させる可能性はあり、注意が必要であると考えています »

最後に5G環境を活用したサービス企業への裾野が広がることが期待され、息の長いテーマとなりそうです

2018104()Newsモーニングサテライト

 

大和証券CMアメリカ 森本裕貴さん

 

通信大手のベライゾンがロサンゼルスをはじめとした4都市で家庭の中だけで使える5Gサービスを開始しました。これは世界初の試みとなります。また、AT&Tも年末にかけて同様のサービスを提供する見通しです。

アメリカでもスマートフォンの回線が5Gになるのは早くても来年から。日本や中国、ヨーロッパでは2020年かけてようやく本格展開する見込みです。通信インフラの整備や製品と部品の検証を行うフェイズがしばらく続くと考えられます。

先行して業績に影響が出始めているが5G関連の半導体や通信機器の性能を測る機械を製造している企業です。アメリカ市場では業界シェア1位のキーサイト、日本ではアンリツが挙げられますが、両社ともに直近に決算において5G関連受注の大幅増に言及しています。そして、次に恩恵が広がりそうなのが、半導体や通信機器などのメーカーで、クアルコムが8月に5G半導体のサンプル出荷を開始したばかりです。そして、最後に5G環境を活用したサービス企業への裾野が広がることが期待され、息の長いテーマとなりそうです。

« 今回は航空会社のロビー活動の成果もあって、法案に含まれませんでしたが、将来的に制限がかかる可能性があり、航空会社の業績を見るうえでは気にする必要がありそうです | トップページ | 今回のアマゾンに代表される、これまで賃金が抑えられていた層における賃金の引き上げの動きが賃金全体の伸びを加速させる可能性はあり、注意が必要であると考えています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/67239343

この記事へのトラックバック一覧です: 最後に5G環境を活用したサービス企業への裾野が広がることが期待され、息の長いテーマとなりそうです:

« 今回は航空会社のロビー活動の成果もあって、法案に含まれませんでしたが、将来的に制限がかかる可能性があり、航空会社の業績を見るうえでは気にする必要がありそうです | トップページ | 今回のアマゾンに代表される、これまで賃金が抑えられていた層における賃金の引き上げの動きが賃金全体の伸びを加速させる可能性はあり、注意が必要であると考えています »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ