カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 明日はパウエル議長の講演もありますが、FRBのスタンスが和らげば、小売りに限らず売られすぎた優良株に買い戻しが入ると考えています | トップページ | 今も消費は好調ですが、急激な原油価格の下落は景気減速のきっかけにもなりうるため、注意が必要と考えます »

2011年のロシアのマネーロンダリングについて銀行に対し資料の提供を繰り返し要求するなど、民主党でトランプ大統領の弾劾を行う勢力の中心人物の一人ともいわれ、今後、一層注目を集めるものと思われています

20181129()Newsモーニングサテライト

 

野村グループ 田部井智春さん

 

先の中間選挙で民主党が下院を取ったことで、民主党のマキシン・ウォーターズ議員が下院の金融サービス委員会の委員長に就任する見込みです。この人選が大手金融機関ないしトランプ大統領にとって厳しいものになるとの見方が出ています。

ウォーターズ議員は下院議員として28年のキャリアを持つベテラン議員で、貧困対策や消費者保護の取り組みで知られ、関連する法案を通してきた実績を持っています。そのため、金融危機の発端となった大手銀行や自身が富裕層であるトランプ大統領に批判的なことで有名です。

今月中旬に金融規制緩和への動きは終了と発言するなど、早くも銀行に対する規制強化を進める動きを見せており、銀行株が売られる動きがありました。また、ウォーターズ議員はトランプ大統領個人の財務状況や大統領が係ったとの疑いがある2011年のロシアのマネーロンダリングについて銀行に対し資料の提供を繰り返し要求するなど、民主党でトランプ大統領の弾劾を行う勢力の中心人物の一人ともいわれ、今後、一層注目を集めるものと思われています。

« 明日はパウエル議長の講演もありますが、FRBのスタンスが和らげば、小売りに限らず売られすぎた優良株に買い戻しが入ると考えています | トップページ | 今も消費は好調ですが、急激な原油価格の下落は景気減速のきっかけにもなりうるため、注意が必要と考えます »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日はパウエル議長の講演もありますが、FRBのスタンスが和らげば、小売りに限らず売られすぎた優良株に買い戻しが入ると考えています | トップページ | 今も消費は好調ですが、急激な原油価格の下落は景気減速のきっかけにもなりうるため、注意が必要と考えます »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ