カテゴリー

最近のコメント

« 今年、金利先高観が薄らいできているので、配当が高い銘柄が見直されていくという点では今年もダウの犬はうまくいくかもしれません | トップページ | 下院で過半数を握った民主党がトランプ政権の財政政策に厳しい姿勢で臨む可能性が高いだけに、今回の予算問題がこうしたリスクがあることを印象付けていると考えています »

GM参加のクルーズも今年、ロボタクシーサービスを開始する計画としていて、こういったロボタクシーサービスから徐々に自動運転の市場が拡大していくと考えられます

2019111()Newsモーニングサテライト

 

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大塚祐貴さん

 

PAVEと呼ばれる自動運転にかかわる企業や団体の連合が発表されました。アルファベット参加のウェイモ やGM、トヨタなど多くの企業が参加し、一般消費者や議員などに対して自動運転に関する性格の知識を提供することを目的としています。ある調査によれば、半数のアメリカ人は自動運転が必ずしも安全ではないと考えているということで、PAVEによって理解が深まり、自動運転の普及にも弾みがつく可能性があるとみています。

自動運転技術のレベルは一般的に5段階に定義されます。現在は悪天候での走行が難しいことなどで、完全自動運転のレベル5の実験には至っていないものの、特定の環境において自動運転が可能になるレベル4の段階に達してきています。

去年12月にウェイモがアリゾナ州で有料のロボタクシーサービス、ウェイモ・ワンを開始しました。まだ非常に限られた地域と利用者のみにサービスを提供していて、安全確保のため、運転手も同乗しているという状況ですが、今後、サービスの拡大が見込まれています。また、GM参加のクルーズも今年、ロボタクシーサービスを開始する計画としていて、こういったロボタクシーサービスから徐々に自動運転の市場が拡大していくと考えられます。

« 今年、金利先高観が薄らいできているので、配当が高い銘柄が見直されていくという点では今年もダウの犬はうまくいくかもしれません | トップページ | 下院で過半数を握った民主党がトランプ政権の財政政策に厳しい姿勢で臨む可能性が高いだけに、今回の予算問題がこうしたリスクがあることを印象付けていると考えています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年、金利先高観が薄らいできているので、配当が高い銘柄が見直されていくという点では今年もダウの犬はうまくいくかもしれません | トップページ | 下院で過半数を握った民主党がトランプ政権の財政政策に厳しい姿勢で臨む可能性が高いだけに、今回の予算問題がこうしたリスクがあることを印象付けていると考えています »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ