カテゴリー

最近のコメント

« 遺伝子解析という新しいアプローチが病気や食糧問題など世界が直面する課題に将来大きく貢献すると期待されています | トップページ | 平均で月額100ドル程度を支払うケーブルテレビと比べれば、月額10ドル前後の動画配信サービスを複数契約してもまだ割安です。動画配信市場の成長で恩恵を受蹴る企業に注目しています »

今後、個人情報管理の厳格化が進み、企業側と消費者側とでデータ共有に関する認識に歩み寄りが見られれば、企業が持つ本来の成長力に再び市場の目が向くことになるとみています

2019125()Newsモーニングサテライト

 

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大関千尋さん

 

足元ではFAANGなど大手テクノロジー関連企業の株価が反発し、ナスダックは相場急落の前となる昨年121週目の水準近くまで切り替えしています。来週はアップル、フェイスブック、アマゾンなどの決算発表が控えていますが、過度な期待感が剥落する中で、予想を上回る業績や見通しが発表されれば、市場は素直に好感しそうな状況です。

重しとなりそうなのが大手テクノロジー企業に対する規制です。先日、去年施行されたGDPR、一般データ保護規則にのっとって、フランス情報保護当局がグーグルに対し制裁金を科したことを発表しました。今回の影響は軽微なものと考えられますが、GDPRのような規制がアメリカをはじめほかの地域でも進むと、業績にも影響を与える可能性があります。

短期的には懸念されるものの、中長期的にはこうした課題を乗り越えられると考えています。大手テクノロジー企業は利用者の生活やビジネスに欠かせないサービスを提供しているため、今後、個人情報管理の厳格化が進み、企業側と消費者側とでデータ共有に関する認識に歩み寄りが見られれば、企業が持つ本来の成長力に再び市場の目が向くことになるとみています。

« 遺伝子解析という新しいアプローチが病気や食糧問題など世界が直面する課題に将来大きく貢献すると期待されています | トップページ | 平均で月額100ドル程度を支払うケーブルテレビと比べれば、月額10ドル前後の動画配信サービスを複数契約してもまだ割安です。動画配信市場の成長で恩恵を受蹴る企業に注目しています »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遺伝子解析という新しいアプローチが病気や食糧問題など世界が直面する課題に将来大きく貢献すると期待されています | トップページ | 平均で月額100ドル程度を支払うケーブルテレビと比べれば、月額10ドル前後の動画配信サービスを複数契約してもまだ割安です。動画配信市場の成長で恩恵を受蹴る企業に注目しています »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ