カテゴリー

最近のコメント

« 平均で月額100ドル程度を支払うケーブルテレビと比べれば、月額10ドル前後の動画配信サービスを複数契約してもまだ割安です。動画配信市場の成長で恩恵を受蹴る企業に注目しています | トップページ | アップルのサービス収入に重きを置く戦略が投資家に理解されるようになれば、もっと高い株価収益倍率で取引をされてもおかしくないと思います »

半導体セクター、特にメモリーの分野の株価は現在、魅力的な水準にあると考えています

2019130()Newsモーニングサテライト

 

米国みずほ証券 兼松渉さん

 

決算シーズンを迎えて大きく下落したインテルやエヌビディア、大きく上昇したのがザイリンクスやラムリサーチとかなりボラタイルな動きがみられています。一言で半導体といっても、CPUからGPU、メモリーからLEDまで様々なものがありましが、このタイミングで注目されているのが記憶装置であるDRAMメモリーの関連銘柄です。

DRAMメモリーの業界はシクリカルで、循環があります。簡単に言えば、メモリー価格が上昇すると業績が改善する。その後、設備投資が増えると供給過剰になり、小売価格が下落。業績が悪化して、再び供給が不足するという流れなんですね。現在は在庫水準の適正化に向けてメモリー価格が下落し、メーカー各社の業績が悪化している段階にあります。

DRAM業界大手のマイクロン・テクノロジーや韓国のSKハイニックスなどのバリエーション、PBRを見るとボトム圏にあることがわかります。DRAM価格の下落はまだ続いていることから、先行き不透明感が残されていることは否定できませんが、年後半には需給の安定を背景に価格が回復する次の段階に入るとみています。その点、半導体セクター、特にメモリーの分野の株価は現在、魅力的な水準にあると考えています。

« 平均で月額100ドル程度を支払うケーブルテレビと比べれば、月額10ドル前後の動画配信サービスを複数契約してもまだ割安です。動画配信市場の成長で恩恵を受蹴る企業に注目しています | トップページ | アップルのサービス収入に重きを置く戦略が投資家に理解されるようになれば、もっと高い株価収益倍率で取引をされてもおかしくないと思います »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平均で月額100ドル程度を支払うケーブルテレビと比べれば、月額10ドル前後の動画配信サービスを複数契約してもまだ割安です。動画配信市場の成長で恩恵を受蹴る企業に注目しています | トップページ | アップルのサービス収入に重きを置く戦略が投資家に理解されるようになれば、もっと高い株価収益倍率で取引をされてもおかしくないと思います »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ