カテゴリー

最近のコメント

« 接戦ではありましたが、12番サートゥルナーリアです | トップページ | 今後は高い確率で株式への資金流入が増えるだろうという強気な見方 »

ドローンを利用した商用サービスの市場規模はおよそ14兆円

2019年4月16日(火)Newsモーニングサテライト

 

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大関千尋さん

 

FAA、アメリカ連邦航空局は先週、ドローンを使った消費者向けの宅配サービスの免許の交付を5月にも始めると発表しました。免許の申請を出しているのはこれまでのところアルファベット傘下のウィングのみとなっています。
ウィングがオーストラリアで実施した試験サービスでは食品や市販薬など幅広い商品を配達していますが、温かいまま届くという点でホットコーヒーが人気となっていたようです。条件さえ整えば、車より短時間で配達できるため、スピードが要となるレストランのデリバリーサービスなどには適していると言えそうです。
実は企業向けが先行して始まっています。運送会社のUPSは医療機関向けに医療検体の配送サービスを先月開始し、これまで病院間で30分かかっていた輸送時間がおよそ3分に短縮されました。一方、消費者向けについては配車サービスのウーバーがドローンによる食品配送を2021年にも開始すると報じられています。まだ先ではあるが、ドローンを利用した商用サービスの市場規模はおよそ14兆円との試算もあり、実用化が進むにつれ、その経済効果への期待も高まっています。

 

« 接戦ではありましたが、12番サートゥルナーリアです | トップページ | 今後は高い確率で株式への資金流入が増えるだろうという強気な見方 »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 接戦ではありましたが、12番サートゥルナーリアです | トップページ | 今後は高い確率で株式への資金流入が増えるだろうという強気な見方 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ