カテゴリー

最近のコメント

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

大企業がクラウドファンディング

2019年6月28日(金)Newsモーニングサテライト

東海東京証券アメリカ 手塚理恵さん

クラウドファンディングは新規のプロジェクトのために必要な資金を不特定多数の人から集めることを指します。見返りを求めない寄付型。開発商品が完成した際に資金提供者に商品を渡すリワード型。株式と交換する投資型などがあります。特にリワード型の市場が大きく拡大しており、2018年から2022年にかけての年平均29%の成長が予想されています。
最近は大企業がマーケティングの手段として活用する例が増えています。例えば、新しいドリンクを開発する際に、アイデアの段階でクラウドファンディングを行い、開発資金を集めて、商品が完成したら資金提供者にリワードとして渡します。小規模な試験販売を行うのと同じで、製品や価格に対する消費者の反応を検証するのが可能です。また、そもそも人気のない商品には資金が集まらないため、新商品の開発に大きなコストをかけた後に失敗するというリスクも避けられます。既にコカ・コーラやP&Gなどがこの方法を利用しています。
クラウドファンディングのプラットフォームを提供する企業を利用することがほとんどです。最近ではフェイスブックも寄付型のサービスを開始しました。手数料も5%以上と大きく、プラットフォームを持つ企業の新たな収入源と期待されます。

株式市場の牽引役は

2019年6月27日(木)Newsモーニングサテライト

 

米国みずほ証券 兼松渉さん

 

年初来でみると、ハイテクの中でもソフトウェアセクターの株価上昇が目立っています。S&P500指数が年初来でおよそ16%高となっているに対し、ソフトウェアセクターは28%高、オラクルやマイクロソフトが堅調で、クラウドへの移行や利用者がサブスクリプション制に乗り換える動きなどが業績の追い風となっています。
このところ巨大なIT大手に対する規制リスクが高まっている中で、アルファベットやアマゾンなどのいわゆるFANGのくくりに入ってしまう銘柄の株価はアンダーパフォームが目立っています。そういった中で、ソフトウェアはハイテクの中でもこのFANGに含まれていないというメリットがあるのでは考えています。最近はソフトウェアにおいてあるトレンドも見られています。
最近IPOを行ったビジネス用チャットを運営するスラックやビデオ会議システムを提供するズームなどは従来のソフトウェア大手とは違い、ボトムアップセールスが特徴です。企業のIT責任者を説得し、企業に売り込む従来のやり方ではなく、実際に手を動かす従業員にまずは無料でトライしてもらい、そこから利用者を増やし、顧客を囲い込む、いわばソーシャルネットワーク、SNSのような普及を狙っています。今後はこういった新興ソフトウェア企業が市場シェアを伸ばしていけるかに投資家の関心が集まっています。

 

ウーバーがヘルスケア進出

2019年6月26日(水)Newsモーニングサテライト

岡三証券NY 近下篤子さん

先週、企業向けにヘルスケアサービスを提供するグランド・ラウンズという企業との提携を発表しました。グランド・ラウンズは現在、企業の従業員が体調不良の際に保険でカバーされる最適な病院や医者を紹介し、予約まで取るサービスを行っていますが、ウーバーとの提携によって従業員の病院への移動もサポートすることになります。
アメリカでは病院を予約したのに時間になっても姿を現さず、結果としてキャンセルになってしまう比率が全体の3割に達しているとされます。その原因の一つとして、交通手段の不足が挙げられていて、年間360万人が信頼できる移動手段がないために予約した時間に病院に行くことができないとの調査もあります。ウーバーはこのような状況を改善すべく、去年、ウーバーヘルスという事業を立ち上げ、病院などが患者に代わってウーバーを予約できるサービスを提供しています。
一部調査では1回の予約のキャンセルによる病院や医者側の損失は平均して200ドル程度とされ、年間の機会損失が1500億ドルの達します。病院などと手を組み、利用者などの通院をサポートする取り組みはウーバーなど配車サービス企業の交通インフラとしての地位を高め、医療向けサービスを拡充する中で、収益安定化のカギとなりそうです。

株価の堅調は続く

2019年6月25日(火)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ 森本裕貴さん

利下げ期待で相場が堅調なうちにマクロ、ミクロ、両面でファンダメンタルズの改善がみられることです。ミクロ面では企業決算に注目です。4-6月期は増益率予想は下方修正が進んでおり、減益着地の可能性が出始めています。増益率は決算発表が始まると同時に切り上がりやすいという傾向がりますが、外部環境の不透明感が増す中で、いつも通りの傾向がみられるか注目です。
まさにマクロ面での改善が米中交渉の進展です。追加関税先送りの状態で継続協議となれば、企業と消費者のマインドを引き戻すには十分です。これらのファンダメンタルズの改善は7月末のFOMCの前に確認されれば、FRBはまた利下げを温存したまま、さらなる改善を待つことが可能になります。これが株式市場にとってもFRBにとってもベストのシナリオといえるかもしれません。
金融緩和期待が強まる局面では通常、中小型株が勢いを得やすいのですが、現在の市場では大型株の需要の強さが目立ちます。これは投資家がいまだ慎重な姿勢を維持していることを示唆していて、仮にファンダメンタルズの改善が確認されなくても、相場は崩れにくいと考えています。

第60回 宝塚記念GⅠリスグラシュー

2019年6月23日(日曜) 3回阪神8日
発走時刻:15時40分
11レース 第60回 宝塚記念GⅠ
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:2,200メートル(芝・右)
実況:檜川彰人さん

リスグラシュー、リスグラシュー勝利を収めました。ダミアン・レーン旋風はここ宝塚記念で見事に華を開いております。12番リスグラシュー、牝馬4頭目の宝塚記念制覇。鞍上ダミアン・レーン、まさにこの2カ月、JRAはダミアン・レーン旋風でした。そして、その最後の日、見事に宝塚記念を牝馬で制しました。リスグラシュー、ダミアン・レーンのコンビ、見事です。そして、先行した1番キセキ、また2着。そして、3着には11番スワーヴリチャード。勝ちタイムですが、2分10秒8、上がり800mは46秒9、600mは35秒3です。制したのは紅一点、牝馬5歳、リスグラシューです。エスコートしたのはダミアン・レーン。2番手には逃げて粘った1番キセキ。そして、虎視眈々、前を見ながらレースを進めましたスワーヴリチャードですが、最後は届きません、3番手。あと4着には4番アルアイン。5着は2番レイデオロと挙がりました。

原油価格の行方

2019年6月21日(金)Newsモーニングサテライト

三井住友DSアセットマネジメントNY 曽根良太さん

イランがアメリカ軍無人偵察機を撃墜したことを受けて、イランとアメリカの緊張が一層深まるとの警戒感が高まっています。さらにFOMCを終え、株式市場がリスクオンムードになっていることで、原油価格の上昇が加速している印象です。
当初の予定から延期され7月1日の開催となりました。協調減産における最大の産油国であるロシアとの調整が難航していたことや中東情勢の混乱が主な延期理由だとみています。このところのOPEC総会は事前の政策の方向性を示すことで、トランプ大統領からけん制されることを警戒しているようです。事前に出てくる情報が減っているため、投資家はあらかじめ投資ポジションを調整することが難しく、政策結果の発表を受けた原油価格の変動が大きくなると傾向が強まるとみています。
実は先月後半にテキサス州で主な石油会社に取材したところ、原油価格の上値は抑えらそうだと感じました。今年後半に向けた各石油会社の事業計画を見ると、原油価格が40ドル前半に低迷しても収益性を維持できることが強調されていました。これは裏を返せば、価格の低下にしっかりと備えているという経営者のメッセージです。アメリカの増産が加速し、供給過剰感がさらに強まりそうです。

株式投資の好機か

2019年6月20日(木)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタル・マネジマント 堀古英司さん

もともと株式というのは永久証券ですし、リスクの裏にリターンがあるので、そもそもタイミングを計って投資すべきものではないと考えているのですけれども、強いてタイミングを計るとすれば、三つの条件があった時と思っています。一つは市場が怖がっているとき。二つ目はバリエーションが安い時。三つめはFRBが緩和姿勢にある時です。
ひとつ目の市場が怖がっているかどうかというのは米中貿易問題で市場が怖がりまくっているので、これはクリアしていると思います。リスクの反対側にリターンがありますので、これは条件を満たしていると思います。2番目のバリエーションが安いというのはS&P500指数の2020年予想ベースの株価収益倍率は15倍台なんですよね。これは過去に比べても低いほうですし、逆数を取ると、益利回りは6.3%になりますけれども、これは10年債利回りの2%と比べてかなり高いですので、株式が有利ということになります。
三つめの条件をしばらく満たしていなかったんですよね。2015年の利上げ開始以降、3年半ぐらい満たしていなかった。FRBが緩和姿勢ということですね。ただ、今回、久しぶりにこの緩和姿勢も満たされるようになったので、この三つの条件が揃っているというのはめったにあるわけではないですけれども、今はそのチャンスだと考えています。

ボーイングvsエアバス

2019年6月19日(水)Newsモーニングサテライト

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大塚祐貴さん

アメリカのボーイング、ヨーロッパのエアバスという世界の2大航空機メーカーが新型機を披露したり、航空会社からの受注を発表したりすることが毎回注目を集めます。エアバスは今回の航空ショーで通路が一つの小型機の新型、A321XLRを発表し、中小型機市場での攻めの姿勢が示されています。
ボーイングの中小型機、737MAXは墜落事故を受けて、運航停止状態が続いています。ボーイングによる向こう20年の市場見通しによれば、航空会社に納入される航空機の内、およそ74%が737のような中小型機と見込んでいて、その大事な市場でエアバスにシェアを奪われる可能性があることは大きな痛手となります。加えて米中貿易摩擦の悪影響もボーイングにとって懸念される中、株価を比較しても冴えない値動きが続いています。
ボーイングに関しては737MAXの運航停止措置がいつ解除されるかというのが目先の注目点です。また、世界における乗客の飛行距離伸び率は足元で伸びが鈍化していることから、世界的な景気減速を背景とする需要の減少が示唆されています。今後、航空会社が航空機の発注を減らす可能性があり、今後の経済指標の動向に注目が必要とみています。

脱プラでアルミに注目

2019年6月18日(火)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ 森本裕貴さん

先行きが不透明な相場環境では投資家が長期的な視点に基づいた投資に流れやすいと考えます。そこで改めて持続可能な開発目標、SDGsという投資テーマに注目しています。中でも今月末に大阪で開催されるG20で海洋プラスチックごみ問題が議題になるため、脱プラスチックが話題を集めそうです。
飲料用のアルミ缶で世界シェア飲料用のアルミ缶で世界シェアナンバーワンのボールという企業です。現在、ペットボトルからアルミ缶へのシフトが加速しており、これはボールの売り上げ押し上げ要因となります。北米で販売される飲料の容器の原材料に占めるアルミの割合は昨年上期には56%にまで上昇しています。また、コカ・コーラやネスレといった巨大メーカーが包装材料の100%リサイクルを長期目標に設定しており、今後も上昇が見込まれます。
アルミはリサイクルコストが安く、半永久的にリサイクルが可能という側面を持っているためです。世界的な脱プラスチックのトレンドの中で、アルミのリサイクルが加速すれば、ボールなどアルミ缶製造企業にとっては素材調達コストが減り、利益の押し上げ要因になります。脱プラスチックに取り組み企業が増えることで、大きなトレンドが生まれることが期待されます。

企業に脱中国の動き

2019年6月14日(金)Newsモーニングサテライト

米国みずほ証券 兼松渉さん

iPhoneの受託生産最大手である鴻海は11日、アメリカ向けのiPhoneは中国以外で生産可能であると明らかにしました。また、12日に決算を発表した家具大手のレストレーション・ハードウエアも家具の生産や開発の一部を中国からアメリカなどの移転していることを明らかにしました。他にもアクションカメラのゴープロから玩具のハズブロまで幅広い分野で生産拠点を中国以外の国に移転する動きがみられています。
一つには今に始まったことではないと考えています。去年12月にアメリカの商工会議所が実施した調査では中国南部に進出しているアメリカ企業のおよそ7割が生産ラインの一部、もしくは全部を中国から移転することを検討していました。貿易戦争のリスクは2016年にトランプ氏が大統領に選ばれたときから指摘されており、企業側にはある程度準備の時間があったと考えています。
そもそもアパレル業界などを中心に今回の貿易戦争が始まる前から、人件費の高騰を背景にベトナムやバングラデシュなどへ生産を移す動きがあり、今回の問題はそれに拍車をかけただけとの見方もあります。市場関係者が想像する以上に企業は米中貿易戦争対策、その準備を進めている可能性があると考えています。

中国企業狙い規制強化の法案

2019年6月13日(木)Newsモーニングサテライト

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大関千尋さん

5日に共和党のマルコ・ルビオ上院議員をはじめとする超党派のグループはアメリカの証券取引所に上場している外国企業に対して、アメリカの企業と同じ規則に従うことを要求する法案を提出しました。ルビオ議員はウォールストリートジャーナルへの寄稿の中で、今回の法案のターゲットが中国企業であることを明確に示しています。
現在のアメリカの証券取引所に上場している中国企業は中国の法律に基づいて監査書類の書類が制限されています。今回の法案では監査報告書の全面開示を求め、一定期間内に要件を遵守できなければ、上場を廃止するとしています。ルビオ議員は会計情報へのアクセスを制限する中国政府の姿勢は不正へのリスクを高めるとし、中国企業がアメリカで上場したいのであれば、透明性と説明責任のためにアメリカの法律と規制を守る必要があるとしています。
アメリカの規制当局は長い間、外国の上場企業に対する監視強化を提唱しているほか、今回の法案が超党派の支持を得ていることから、成立に向けて動きやすい状況にあると言えそうです。これまでの貿易や知財の問題とは異なる新たな火種として米中間の対立が強まる展開には警戒が必要であると言えそうです。

データ分析に注目

2019年6月12日(水)Newsモーニングサテライト

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

タブローのソフトウェアはビジネス上の膨大なデータをグラフなどのビジュアル化し、理解しやすくするというものです。セールスフォースの顧客管理ソフトとタブローのソフトウェアを組み合わせることで企業の迅速な意思決定に役立てることができます。今回、セールスフォースが買収したデータ分析という分野はソフトウェア業界で重要視されている分野になっています。
先週、アルファベット傘下のグーグルも新興データ分析企業のルッカ―を買収すると発表しています。この買収でグーグルはルッカ―の企業価値を売上高の19倍と評価しています。セールスフォースもタブローに対して11.5倍の評価価格で合意していて、期待の高さがうかがえます。
ある調査によると、データ分析などを含む世界のビジネス・インテリジェンス市場は2025年までにおよそ1470億ドルと年率27%で成長することが予想されています。一方で、この市場は成熟が進み、大きな機能や能力の差別化が難しくなっています。価格の下押し圧力も強く、大手以外は利益を生むことが難しい状況の中、市場ではさらなる再編と統合が進むことが予想されていて、アルテリックスやドーモといったデータ分析に強みを持つ企業を中心にM&Aの期待が高まっています。

利下げで株価は

2019年6月11日(火)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタル・マネジマント 堀古英司さん

FRBの使命というのは雇用の最大化と物価の安定ですけれども、雇用の最大化というのは最近鈍化してきている。物価のほうは目標を達成できていないので、使命として利下げをやらないといけないということになると思います。
5年物の期待インフレ率の推移もFRBの目標である2%と下回って、1.6%であること。しかも低下傾向であること。去年12月も同じだったので、利上げは不要だと申し上げた次第です。
懸念されたイールドカーブですが、利下げが実施されれば、逆転ではなくてフラットになると思います。この状況というのは歴史的には株式市場とって優しい状態ですよね。10年物国債から2年物国債の利回りを引いて、0.5%以下の時はものすごく株式市場が上昇するという傾向がみられます。94年から2000年にかけて株式相場は2.9倍になりましたし、2007年はこの間は23%の上昇となっています。来月利下げがあるとすれば、再びこの状態が長続きするということになりますので、非常に好ましい状況だといえると思います。

AIでも米中競争激化

2019年6月7日(金)Newsモーニングサテライト

東海東京証券アメリカ 手塚理恵さん

今年2月にトランプ大統領がAI分野でアメリカの主導権を維持するという趣旨の大統領令を出し、今年10月から始まる会計年度の予算策定でAIへの重点投資を要求しました。AI関連の研究開発費に49億ドルと前年の3倍を当てるように要求しているとの試算もあります。背景になるのは中国の急激な追い上げです。
アメリカはAI関係のスタートアップ数や特許数では圧倒的な規模を有していますが、学術論文の数が実用段階などでは中国がリードしています。アメリカは中国の追い上げをかわし、AIに関する国際基準を設定することを目指していますが、官民の連携に課題があることが指摘されており、トランプ大統領はAIに関する連邦政府が持つデータや技術を民間に開放することも求めています。
知的財産面での米中の戦いは長期化するとみられる中、10月以降、本格的に政府からのデータや技術などの開放が始まれば、関連企業の追い風になりそうです。特に特許出願数で抜きんでているアルファベット、マイクロソフト、そしてゼネラルエレクトリックなどが恩恵を受けそうです。

ゲーム業界にも配信の波

2019年6月6日(木)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

世界最大のゲーム見本市E3が開催されます。今回の注目はマイクロソフトが発表するProject xClaud、クラウドゲームの配信サービスです。毎月定額料金を払うことで、100タイトル以上のゲームを自由にプレーすることができる、いわばネットフリックのゲーム版です。
従来はハイスペックのゲームを楽しむためには何万円もするゲーム機を買う必要がありました。これがクラウドゲームになるとリアルな映像やスピード感のある動きを可能する複雑な演算処理はデータセンターで行われます。ユーザーはPCやスマホなどネットにつながった画面さえあれば、高いゲーム機を買わなくても、ハイエンドのゲームを楽しむことができます。ゲーマーのすそ野が一気に広がる可能性があり、業界にとってはまさにゲームチェンジャーです。
グーグルはStadiaというクラウドゲームをすでに発表していて、アマゾンも参入がうわさされています。最近、Xboxとプレイステーション、ゲーム機ではライバル同士のマイクロソフトとソニーがクラウドゲームでの提携を発表しました。これはグーグルやアマゾンに対抗する動きです。業界が大きく変わるとき、投資チャンスが生まれます。

開発者向けツールに注目

2019年6月5日(水)Newsモーニングサテライト

岡三証券NY ?田拡司さん

IT投資の中でもソフトウェアへの投資は今年、8.5%の伸びが予想され、データセンターや通信などを上回る見込みです。技術革新や顧客ニーズの変化などビジネス環境が目まぐるしく変わる中で、ハイテク企業に限らず、小売りから銀行まであらゆる企業にとってソフトウェアの開発、更新は欠かせないと言えそうです。
ソフトウェア業界で今、注目を集めているのは特定のソフトウェアというよりも、ソフトウェアの開発者向けツールの市場です。効率的かつスピーディーなソフトウェア開発に欠かせないのが開発者向けの支援ツールを提供する会社で、去年のIBMのレッドハットの買収は開発者向けツールを手掛ける企業の買収という面がありました。
そもそも企業が自社のソフトウェアを開発、更新する際に、新しい技術を加えたい技術者と安定的な運用のため、大きな変更を嫌う運用担当者という立場の違いがあり、これがソフトウェアの進歩の妨げになっていると言われています。例えば、ソフトウェアを自動的にこまめに更新する新しいツールを用意することで、運用担当者が嫌う急激で大きな変更を避けることができます。開発部門と運用部門が協調して新しい技術の導入を進めやすくなるツールとして注目されています。

なぜ今iPad OSか

2019年6月4日(火)Newsモーニングサテライト

 

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大塚祐貴さん

 

アップルは本日から開催の開発者向け会議、WWDCで様々な新機能を発表しました。特に注目したのはiPad向けの新たなOS、iPad OSで、これまでiPhoneと同じものを使用していたOSから独立させたという点です。
iPad OSの登場に合わせて、アプリの開発者がiPhone向けアプリをパソコンのMac上に簡単に移行できるという新機能も発表しました。これまで全世界で9億台が利用されているiPhone向けアプリの開発に専念しがちだった開発者が今後はiPadとMacの両方で利用できるアプリの開発にも力を入れることが考えられ、アップルのサービス収入の一部であるアプリストアの収入増加につながる可能性があります。
市場ではアメリカのファーウェイ制裁に対抗して、中国が国内におけるiPhoneの販売を禁止した場合、アップルの利益が最大3割程度押し下げられるという分析も出ています。この対抗措置は中国のサプライヤーやアプリ開発企業にも悪影響になるため、可能性は低いとみられていますが、中国の消費者が自主的にiPhoneからファーウェイなど中国ブランドのスマートフォンに乗り換える可能性はあります。中国市場におけるiPhoneのシェア低下には注意が必要と考えています。

 

第69回 安田記念GⅠ

2019年6月2日(日曜) 3回東京2日
発走時刻:15時40分
11レース 第69回 安田記念GⅠ
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:1,600メートル(芝・左)
実況:大関隼さん

 

インディチャンプ、外14番アーモンドアイ、そして2番アエロリット、内と外から2頭が迫りましたが、5番インディチャンプ凌いでいます。2番手は接戦、追い込み14番アーモンドアイと2番アエロリットです。1着は5番、2、3着争い2頭接戦、内は2番、外は14番です。好位のイン追走、5番インディチャンプわずかに先着していますが、ゴールに入った後、15番ダノンプレミアム、ジョッキーが馬を降りています。勝ち時計は1分30秒9、上がりタイムゴールまでの800mは45秒1、600mは33秒9です。4歳新星5番インディチャンプ、マイルの素質、ここで開花させました。初のGⅠタイトルへ、この府中で掴んでいます。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ