カテゴリー

最近のコメント

« 国防総省クラウドどこと契約? | トップページ | 原油相場、今後の動きは »

予防的切り下げで株価は?

2019年7月24日(水)Newsモーニングサテライト

岡三証券NY ?田拡司さん

実は2019年7月31日はアメリカ経済の景気拡大局面が月間ベースで記録を更新する日でもあります。1854年以降の最長はクリントン大統領政権下を中心に続いた120カ月で、今回の2009年7月に始まった拡大局面は今月31日で121カ月となります。
今回の利下げは景気拡大局面での利下げであるため、予防的切り下げともいわれます。FRBの過去の利下げも景気後退の前か後かで、2パターンに分けることができます。1971年以降では利下げに転じた後も景気拡大局面が1年以上続いた景気後退前の利下げが6回、それ以外の景気後退後の利下げが5回ありました。
株価の明暗が大きく分かれています。最初の利下げから3カ月ごとのS&P500指数の平均パフォーマンスを比べると、景気後退前の利下げであれば、その後、株価は上昇基調、反対に景気後退後の利下げの場合、平均パフォーマンスはマイナスです。市場が期待する今月の利下げはこの景気後退前の利下げとみられ、8月以降も株式相場は堅調推移が期待できそうです。

« 国防総省クラウドどこと契約? | トップページ | 原油相場、今後の動きは »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国防総省クラウドどこと契約? | トップページ | 原油相場、今後の動きは »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ