カテゴリー

最近のコメント

« 医薬品に公的医療保険を使う基準が海外より緩い | トップページ | 第24回 秋華賞GⅠクロノジェネシス »

使用済み核燃料を敷地内に一時保管する取り組み

原子力発電所の稼働で出た使用済み核燃料を、敷地内に一時保管する取り組みが始まるそうだ。
核燃料を国内でリサイクルする工場の完成が遅れ、数年以内に収容能力が限界に近づく原発が出てくるためのようだ。
原子力規制委員会は「仮置き場」の設置を容認し、6月から審査に本腰を入れ始めたという。
原発の運転を続けるための苦肉の策だが、問題の先送りにすぎず原発の安定稼働に課題は残るそうだ。
原発については問題先送りが基本路線で、また悲惨な事故が起こった時に先送りのつけを国民が払わされることになる。

« 医薬品に公的医療保険を使う基準が海外より緩い | トップページ | 第24回 秋華賞GⅠクロノジェネシス »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 医薬品に公的医療保険を使う基準が海外より緩い | トップページ | 第24回 秋華賞GⅠクロノジェネシス »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ