カテゴリー

最近のコメント

« 子どもの誕生月に偏り | トップページ | 日本特有の仕組みである親子上場に対する監視の目 »

アジアで民事裁判手続きのIT化が急速に進んでいる

アジアで民事裁判手続きのIT(情報技術)化が急速に進んでいるという。
韓国は最新システム導入のため、4年間で約100億円を投じるそうだ。
新たなIT施設もつくる計画のようだ。
中国では一部の都市で電子商取引に関する紛争の裁判手続きをインターネットで行うという。
日本もビジネス紛争のスムーズな解決に向けて司法インフラのIT化を検討しているが、アジア各国のスピードは速く、周回遅れとなる可能性があるらしい。
アメリカでは民事訴訟はすべて電子化されているらしく、日本はすでに周回遅れで、その差はどんどん広がっていくかもしれない。

« 子どもの誕生月に偏り | トップページ | 日本特有の仕組みである親子上場に対する監視の目 »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもの誕生月に偏り | トップページ | 日本特有の仕組みである親子上場に対する監視の目 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ