カテゴリー

最近のコメント

« アジアで民事裁判手続きのIT化が急速に進んでいる | トップページ | オリンピックは、国際化のバロメーター »

日本特有の仕組みである親子上場に対する監視の目

親会社のいる上場企業(上場子会社)で、社外取締役が3分の1未満の企業が約7割を占めることがわかったそうだ。
上場子会社は親会社の意向が強く働き、少数株主が不利となる問題があるという。
アスクルは親会社のヤフーの意向で、トップと独立社外取締役の再任が株主総会で否決されたようだ。
投資家は3分の1未満の企業には株主総会で反対票を投じるなど日本特有の仕組みである親子上場に対する監視の目を厳しくしているという。
時価総額上位に親子上場企業が多く並んでいる状態が解消されるのではなく、逆に増えている状況について、投資家は声を上げるのではなく、市場からそっと去っていく。

« アジアで民事裁判手続きのIT化が急速に進んでいる | トップページ | オリンピックは、国際化のバロメーター »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アジアで民事裁判手続きのIT化が急速に進んでいる | トップページ | オリンピックは、国際化のバロメーター »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ