カテゴリー

最近のコメント

« 国の示した目安を超えて最低賃金を上げる動きが広がっている | トップページ | 第80回 菊花賞GⅠワールドプレミア »

夏に旬を迎える魚介類が不漁を背景に軒並み高値

夏に旬を迎える魚介類が不漁を背景に軒並み高値だそうだ。
カツオやアジの産地卸値は25%高で、イカも1割弱高いようだ。
高級なマダコやアワビも1割ほど高めだそうだ。
不漁は水温や潮流の変化が一因とみられるという。
唯一、マイワシは好漁で北海道などで前年より3割多くとれているが、価格は横ばいだそうだ。
家計には厳しい夏の食卓になりそうだ。
不漁が常態化していることを前提に漁業を再生させる施策はなかなか出てこない。

« 国の示した目安を超えて最低賃金を上げる動きが広がっている | トップページ | 第80回 菊花賞GⅠワールドプレミア »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国の示した目安を超えて最低賃金を上げる動きが広がっている | トップページ | 第80回 菊花賞GⅠワールドプレミア »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ